Nov 28, 2009

行政刷新会議について一言言っとくか

行政刷新会議(事業仕分け)が終わりましたが、この期間に放送されたどんなテレビ番組より面白かったですね。某京速とか、某独法とか、某独法とか、個人的に関わっていたりいなかったりする事業が俎上に上がっていたせいもありますが。

根本的には民間の有識者に各省庁の予算要求案の是非を問いかつその様子を公開するというのが、この会議の意義でしょうが、私は会議の構図が正直よく分からなかったなと思っています。

というのも基本的な構図が、

官僚 vs 仕分け人(民主党、民間)

になっていましたよね。けれども「政治主導」と言うからには、本来民主党の大臣が官僚に命じて政治主導で作らせた予算要求案に対してジャッジをするという話でなくてはおかしいです。つまり、構図はこうなっていなくては。

大臣(民主党)+官僚 vs 仕分け人(民主党、民間)

今の構図が何をもたらしているかというと、それは結局、大臣は何も仕事をせずに済み、大臣も仕分け人も何の責めも受ける必要がなく、取りまとめ役の民主党議員が大臣に代わって絶大な権力を行使し得る、歪んだ構造なのではないか、と。

これは今年だけのことで、来年は正常化されるんですよね?来年こそは元クラリオンガールに責め立てられて目がうつろな長妻大臣が観られるですよね?楽しみだなあ(棒読み)

それとは別に、民間の仕分け人に利害関係者を含めてもいいのではないかと思いました。財務省が示した方針に沿ったコメントをする仕分け人が目立ち、いくつかの事業については事業内容自体への無理解が無茶な結論を導き出す弊害が見られました。典型的なものはスパコンですが、国立大学運営費交付金や大学の先端的取り組みの予算削減も問題でしょう。実質採決は多数決で行われるし、発言は公開される(自分に利益を誘導しようとしてもバレバレ)ので、少数の利害関係者が仕分け人に含まれたとしても影響範囲は限定的だとも考えられます。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com