Jul 4, 2009

Mac OS XのPowerPointやExcelで作った図をLaTeXに取り込むには

Mac OS X用のPowerPointやExcelで作った図やグラフをLaTeXに取り込むとき用のメモ。

  1. PowerPointやExcelで取り込みたい図・グラフ等を選択して、Cmd-Cでクリップボードに入れる。
  2. Preview.appを起動して、Cmd-Nで「クリップボードから新規作成」し、Cmd-SでPDF形式で「保存」する。
  3. teTeXなどに含まれているebbコマンドを使って、bbファイルを作る。
    $ ebb hoge.pdf
    $ cat hoge.bb
    %%Title: ./hoge.pdf
    %%Creator: ebb Version 0.5.2
    %%BoundingBox: 0 0 687 503
    %%CreationDate: Sat Jul  4 00:06:20 2009
    
    
  4. LaTeXで以下のようにして読み込む。
    \usepackage[dvipdfm]{graphicx}
    
    (snipped)
    
    \begin{figure}[tb]
      \centering
      \includegraphics[width=.48\textwidth]{figure.pdf}
      \caption{figure.pdfの説明}
      \label{fig:figure}
    \end{figure}
    
  5. あとは普通にdviファイルを作ってdvipdfmxでpdfに変換する。

私は3.以降の操作はVMware Fusion上のUbuntuで行っている。Mac OS X上にTeXの環境を作るのが面倒なので。

3. でebbコマンドを使う代わりにmediabb.styを使う方法もある。しかし、たまにBoundingBoxの計算がうまくいかず、mediaboxonlyオプションを設定したり、ebbコマンドでbbファイルを生成した上でusebbオプションを追加したりしなければならない。

pdfではなくepsで読み込みたい場合には、popplerのpdftopsというコマンドを使って変換できる。Ubuntuなら

sudo apt-get install poppler-utils
すればインストールできる。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com