May 16, 2009

ハラカラ。 @ 三軒茶屋

私の通勤途中に「ハラカラ。」というハンバーガー屋ができていたので行ってみました。元々チャカティカというカレー屋兼カフェ兼雑貨屋みたいなお店(下北沢に姉妹店がある)があった場所です。

実は店主の方はアメブロでブログ(脱サラリーマン 真のグルメハンバーガー店 三軒茶屋開業日記。)を開設されています。どういうお店になるんだろうと思って、開店前からちょくちょくウォッチしていました。

店の前に千葉ロッテの成瀬と唐川から贈られた鉢植えが飾られていました。

上の写真はお店の看板メニューのアボカドバーガー。

バンズもパテもおいしかったです。「グルメバーガー」ってこういうものなんですね、へーって感じです。塩分も油分も抑えられているのですんなり食べられるし、冷えても肉の旨味がありました(むしろ温かい状態ではバンズが相対的に重く感じられ、冷えた状態の方がバランスがよいくらい)。

ですが、今のままなら私はもう一度食べに行くことはないです。

まず高いんです。単品で(確か)1,050円。通常のハンバーガーでも850円。そうちょくちょくは食べられないお値段ですよね。それに加えて単品では野菜が全然足りなくて、肉パテ以外の具が寂しいということです。…というか、もうもっとはっきり言っちゃうよ、「レタスにトマトの切れっぱしってどこの安居酒屋だよ、貧乏くさいんだよ」ってことです。パテがメインなんだというお店の意志の現れだという捉え方も可能かもしれません。実際パテとバンズはかなりおいしいですし、ハンバーガーとして食べるときに野菜が邪魔なのも理解できないわけではないですから。しかし、結局は栄養的にターキーのサンドウィッチと大差ないか劣るものを、割高な価格にも関わらずグルメだなんだと理由をつけて繰り返し消費するというのは、私の嗜好に徹底的に合わないです。「一度行ってみてもいい」止まりです。

そうした食に対する対価ということは一切度外視して、「週末の少々贅沢なつまみなんだよ、自分へのご褒美なんだよ」と開き直ってみせるにしても何かもの足りません。少々のことで貧乏くさいという印象を持たれてしまうくらいに、お店と商品とサービスに訴求力やキャラクターが不足しているということなんだと思います。プレートが運ばれてきても別に何のサプライズも演出もない、マスタードもハインツの廉価品(マスタードなどの調味料は重視しないという立場なのでしょう)、アルコール類の品揃えもこだわりがない(どこにでもあるハートランドか何かしかない)、ホールスタッフの仕事も不慣れのためか平均以下、内装の趣味は悪くはないが狭さを考えるとやや凡庸に感じられる、BGMも感心しないとなれば、三軒茶屋一円の列強カフェを相手に戦果を上げるのは難しいように思います。とりあえず、私はFUNGO三宿店でFish and ChipsをつまみにAnchor Steamを飲むことを選びますが、どうやって私の足をこの店に向かわせますか?

いろいろ書きましたが、できたばかりのお店なので、これからどんどん良くなって三茶住民に愛されるお店になる余地は十分あると思って、生暖かい目で見守って行きます。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com