Mar 25, 2009

WBC日本代表おめでとう!

WBC日本代表おめでとう!

圧倒的な戦力を持って戦ったのですからこの結果はある意味必然でしたが、勝負は水物、試合巧者の韓国相手に勝ち切れたのは、代表チームの各選手・コーチの努力の賜物でしょう。すばらしかったです。

原監督
シーズン中と同様、謎采配も多かったですが、王様チームを率いて王様野球をするならやっぱり原監督です。代表チームの監督の役割は、選手のモティベーションを損ねずに勝ち切ること。短期決戦に弱いというイメージは多少なりとも払拭できました。ただ10回表の1死1,3塁での代打川崎のところがいまだに引っかかっています。左の代打で外野フライを打たせたいシーン。G監督としては阿部・亀井をヒーローにするチャンスだったし、スポンサーに配慮して福留にしてもよかったでしょう。川崎だったのはあわよくばタイムリー、悪くてもDP崩れの1点を期待していたんでしょうか。それってどっちにしろギャンブルじゃね?
イチロー
決勝戦だけ活躍したイチロー。どう見ても決勝戦は「みんなでよってたかってお膳立てして決勝タイムリーを打たせてくれた」ゲームでした。「ぼくは持ってますね。いやぁ、神が降りてきたという感じ。」とか調子こいてる場合じゃないです。WBCでパラメータ上げした状態でシーズンを迎えるわけなので、当然今年も220本くらい打つつもりで。みんなそれを期待しています。
中島&青木&内川
この三人がいなければ優勝はありませんでした。イチロー・福留の一方を招集できなかったり、稲葉の調子がいつもどおりだったりすれば、最初から外野は左から内川、青木、イチロー(福留)で固定できて、もっとずっと楽な戦いになったはずです。青木はメジャーに行きたがっていたはずですが、この大会で「世界で通用する」という実感を得たのではないでしょうか。一方で内川も「メジャーに行きたい」とか言い出しちゃうんじゃないかと思っています。中島はバントの練習してください。あとあのスライディングはやっぱりいただけないです。あのシーンだけは思わず声を上げました。左右にこだわらないのであれば、2番に福留か岩村を入れて中島・青木・内川をクリーンアップにすると得点を最大化できていたかなー、と今さらながらちょっと思います。
岩隈
上原の穴を補ってあまりある活躍でした。フリーエージェントを宣言すると自動的に読売が全速力で獲りに行きますが、スプリッターをウィニングショットに使えるのでメジャーでもかなり通用しますよね。あと二年間悩むのもよし、ポスティングで楽天に大金をもたらして仙台にドーム球場をプレゼントしてもよし。三年契約なんだっけか。一方で同僚の一場は神宮バッティングセンターの従業員になったようです。
松坂&ダル
だいたい期待通りの投球だったですよね。アメリカ戦のフラストレーションのたまる松坂、先発でも抑えでも序盤はすこぶる調子の悪いダル。悪いときでも試合を壊さないことが重要ですから、期待通りだった(期待以上ではなかった)ですね。
杉内
ファンになりました。
高代内野守備走塁コーチ
三塁ベースコーチ姿が無茶苦茶かわいかったお( ^ω^)
韓国チーム
すばらしかった。内野守備もまずまず良かったし、少ない安打数であれだけ攻め立てられるわけですから、(中日のような)貧打チームが目指すべき野球の一つの形ですよね。でもマウンドに旗立てるのはみっともないからやめようよ。金メダルを穫ったアスリートがメダルをかじるのと同じ心理だというのは理解できるけど。

ともあれ、次の大会のハードルが俄然高くなりました(笑)その高い高いハードルはまたしても原監督が引き受けることになると予想しています。


時事ドットコム:WBC・談話【WBC】

中日・落合監督 よかったね。おめでとう。

落合監督の談話が2行以上あったら間違いなく捏造。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com