Feb 26, 2009

MTテンプレートのアトリビュートをモディファイアと呼ぶのは止めちまえ

ちょっと前から気になっていたことなのだが、MTテンプレートタグのアトリビュートないしオプションを「モディファイア」と呼ぶのは、最近始まった悪しき慣習だ。

テンプレートタグリファレンス | MovableType.jp

そもそもアトリビュート(オプション)とモディファイアでは言葉の「クラス」が異なる。

アトリビュート(オプション)は、そのファンクションの振る舞いを制御するための情報を与える手段であろう。それに対して、モディファイアはアトリビュートの一サブクラスであって、ファンクションの出力への修飾(フィルタの適用)を指示するものであろう。

確かにmt:Entriesにlastnを指定したとき、「mt:Entriesに最新のN件を取り出すように指示」しても「mt:Entriesが生成した全リストから最新のN件をフィルタして出力」しても同じ結果が得られるのだからどちらでも構わないという見解は理解できる。だが、実際にやっているのは前者であり、glueのような反例(フィルタではないアトリビュート)もすぐ見つかる。glueでは分かりにくければ、アトリビュートに計算式を与えると計算してくれるファンクションタグを想定すればよい。

シックス・アパート担当者の意図は、説明に使う術語を減らした方が分かりやすいだろうというところにあるのだと思う。そうした事情は理解できる。でもだとしたらモディファイアなどという特殊な術語を場当たり的に使わなくてもいいはずで、全部アトリビュートと呼べばいい。実際、英語版のページを見ると、「グローバル・モディファイア」のことをtemplate tag modifierあるいは単にmodifier、「(アトリビュートとしての)モディファイア」のことをattributeと呼んでいるようだ。

MTテンプレートのアトリビュートをモディファイアと呼ぶのは止めちまえ。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com