Nov 10, 2008

Ubuntu 8.10 on VMware Fusion のvmmouse問題対策

VMware FusionやVMware WorkstationなどのゲストOSにUbuntu 8.10をインストールしたときの、マウスポインタの動作がかなりあやしいです。ポインタがゲストOSに握られっぱなしになる(つまりvmmouseとして機能しない)か、ホスト・ゲスト間でポインタを移動できるがゲスト側の座標がちゃんととれないか、どちらかの症状が出てまったく使い物にならない感じです。

ちょっと調べてみたらbugs.launchpad.netでも話題になっていました。

この問題は、ひとまずintrepid-proposedリポジトリにあるxserver-xorg-input-vmmouseを使うことで解決できます。以下は私がやった作業です。

まず、/etc/apt/sources.list.d/intrepid-proposed.listというファイルを作り、下の一行だけ書いておきます。

deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ intrepid-proposed restricted main multiverse universe

apt-getを使ってintrepid-proposedからxserver-xorg-input-vmmouseだけアップデートします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xserver-xorg-input-vmmouse

intrepid-proposedはもう使わないので先ほどつくったsources.listは削除・リネームなどしておきましょう。間違って他のパッケージをアップデートしてしまうと面倒くさいので。

$ sudo rm /etc/apt/sources.list.d/intrepid-proposed.list
$ sudo apt-get update

後はXを再起動するだけです。ちなみに私の/etc/X11/xorg.confはデフォルトのまま。下に置いておくので参考にしてください。

追記: っていうエントリーを書いた途端にubuntu-updatesリポジトリの方が更新されて、普通にapt-get upgradeすれば新しいxserver-xorg-input-vmmouseがインストールされるようになったっぽいね。

追記2: 残る問題は、サウンドデバイスをアタッチしているとシャットダウンできないことかな。VMware Fusion上で動作させるUbuntuで音を鳴らすことはないけどね。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com