Sep 2, 2008

ワイルドカードCNAMEはもう全部 ghs.google.com.に向ければいいと思う

Google Appsの各アプリのエントリーポイントURLが独自ドメインにマップできるのはいいとして、Google Appsの一つであるGoogle Sitesの各サイトのエントリーポイントURLも独自ドメインにマップできる。これくらいいたるところでマッピングを追加できるとなると、サービスが追加されるたびにghs.google.com.に向けたCNAMEレコードを作ってDNSの伝搬を待って...、という作業はたいがい面倒くさくなってくる。

なのでCNAMEにワイルドカードレコードを追加してghs.google.com.に向けてみた。これが思いがけず快適だった。

私が使っているSlicehostのDNSだとこんな感じに設定するだけで済む。国内の個人ユーザが多いValue Domainでもほぼ同じ設定が可能なはず。

こうしておくと、Google Mailのエントリーポイントをmail.as-is.netにマップする設定をするだけで(つまりDNSへの変更なしで)このホスト名でGoogle Mailにアクセスできるようになる。また、新しいGoogle Sitesのサイトを追加する場合にも適当なas-is.net以下のFQDNにマップする設定をするだけで済む。

ちなみにマッピングしていないURL(http://404-not-found.as-is.net/)にアクセスすると、ちゃんと404 Server Not Foundを返してくれるようになっている。至れり尽くせり。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者LV15

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com