Aug 26, 2008

Re: 世界の野球は変化しているのかも。

世界の野球は変化しているのかも。(関連資料編) - NOBODY:PLACE - MUTTER

勘ぐり過ぎかもしれないが、別に世界の野球が変化しているわけではなくて、日本のプロ野球で審判の地位が異常に低いのが遠因なんじゃないかと私は思う。

アマや海外だと審判の権限がある程度強くて、プロ野球では許されないほどストライクゾーンが可変だったり、恣意的な判定も審判の裁量の範囲で許容されているのではないか。アトランタで日本のアマチームが相手投手をボッコボコに打ち崩していたのは、そういう背景があるんじゃないか。単に後にプロ野球で活躍するタレントを豊富に擁していたってだけでなく(そうそう、アマ野球・国際試合に精通していてオリンピックにも思い入れのある三菱ふそうの垣野多鶴や日本生命の杉浦正則に任せていたら、別の結果もあり得たし、そうならなくても人材発掘オリンピックになって面白かったんじゃないかな)。

まったく別の言い方をすると、好打者には多分二種類あってそれは、自分のストライクゾーンを確固として持っていてゾーン外の球には手を出さないクレバーな打者と、逆にアベレージはそこそこで併殺打も少なくないけど三振は少なくて状況に応じて悪球打ちもできる打者だろう。前者はプロ野球では高い打率・出塁率を誇るけど国際試合の恣意的なジャッジの下でアベレージを残すのには必ずしも向かず、後者が国際試合に向いている、ってことじゃあるまいか(実は青木やイチローは後者の打者なんだけどレフティーと俊足のおかげでアベレージが高くなる打者だよね)。プロ野球の審判の地位の低さは、打者に相対的にクレバーであることを結果的に条件付けるものであって、後者の打者の育成の障害になっているんじゃないか。それが、打撃面での国際的な競争力の低下を招いているのではないか。

つまりは、ボブは腹立つけどボブに鍛えられることも重要だってこと。勘ぐりばっかりで申し訳ないけど。

プロ野球の審判の地位を低下させるのに最も貢献した選手・監督と言っても過言でない人物が、日本代表の監督を任されたというのも皮肉な話だなあと思う。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com