Mar 29, 2008

VMware Serverの VNC backdoor

Linux・Windows端末以外で動作するVMware Server Consoleがないのはいかがなものかと思っていたのだが、ちょっと実験してみたら代替の方法が見つかったので報告する。

そもそもVMware Server 1.0.xの管理コンソールであるところのVMware Server Consoleはx86 LinuxかWindowsでしか動作しない。だから例えばLeopardからVMware ServerのVMのコンソールが使いたいという場合、

  • VMware Serverが動作しているマシンにVNCサーバの設定をし、LeopardのVNCクライアントから接続し、VNC上でVMware Server Consoleを立ち上げて利用する
  • Leopardの仮想環境(VMware FusionやParallels)にLinuxかWindowsをインストールし、そのVMでVMware Server Consoleを立ち上げて利用する

という面倒なことをしなくてはならない。VMware Server Consoleが内部的にVNCプロトコルを使っているので、上記の方法はいずれもVNCを二段経由してVMware ServerのVMのコンソールを使うことになり、効率はともかく気分が良くない。負けた感が強い。

ところが、VMware ServerにはVNCバックドアが存在していて、以下のようにvmxファイルに追加してVMを起動するだけで有効になる。

RemoteDisplay.vnc.enabled = "TRUE"
RemoteDisplay.vnc.password = "password"
RemoteDisplay.vnc.port = "5900"

5900番ポートはVNCサーバのディスプレイ番号「0」、5901番ポートはディスプレイ番号「1」、...にそれぞれ対応するなどといった事情は、通常のVNCサーバとまったく同じ。あとはVNCクライアントから繋ぐだけでいい。

念のため、このVNC接続はパスワードで認証されるだけでまったく暗号化されない(VMware Server Consoleの場合には多分暗号化されていると思う)。だからVNCで直接接続するのはローカルネットワークでの使用に留めた方がいいだろう。インターネット越しなどで利用する場合には、SSHトンネリングと組み合わせることになると思う。

追記: Knowledge Baseに書いてあった。気がつかなかった。

Using a VNC Client to Connect to Virtual Machines

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com