Nov 4, 2007

OpenSocialって?

OpenSocial - Google Code

あまり真剣にウォッチしていないのだが、OpenSocialというのは要するにSNSサイトがOpenSocial SPI (Service Provider Interface)をインプリメントしておくと、Googleがプロトコルアダプタになってくれて(あるいはプロトコルアダプタは不要で、SNSサイトが各自でエントリーポイントURLを提供するのかもしれないが)、ユーザアプリからGData APIやJavaScript APIを使ってそのSNSサイトにアクセスできるようにしてくれる、ということだろう。

想像図。

     +=================================+
     | OpenSocial application + gadget |
     +=================================+
            |                 |
      +-----------+   +----------------+
      | GData API |   | Javascript API |
      +-----------+   +----------------+
            |                 |
     +=================================+
     |     Google Protocol Adaptor     |
     +=================================+
                      |
+---------------------------------------------+
| OpenSocial Service Provider Interface (SPI) |
+---------------------------------------------+
                      |
                +==========+
                | SNS Host |
                +==========+

つまり、OpenSocialあるいはOpenSocial APIというのは、一番上のapplicationと一番下のSNS hostの間のすべてのレイヤーの総称。

そうすると、OpenSocial SPIがどのようなものになるのかということが問題なのだが、(JavaScript APIの方はよく読んでいないのだけど)GData APIをアダプトするのに十分な程度の機能は必要になる。GData APIには認証やアトミックアップデートが含まれているのだから、SPIにもそれらが必要になる。それらをすべて一からインプリメントするのは難しいので、GoogleはパートナーにはSDKを配っているか配る予定だろう。

SNSサービス間の連携という話はOpenSocial APIの埒外。mixi SNSの中にmyspace SNSのintrospection結果をマージして表示するなんてのは、Gadgetを使ってもGData APIを使っても実現できる。それ以上の連携が必要ならGData APIを使って勝手にインプリメントすればいいというだけ。GoogleやOpenSocialと呼ばれているものは面倒を見ない。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com