Feb 28, 2007

メモ: NTFSでフォーマットした USBハードディスクを FC6で使う方法

Fedora Core 6にNTFSでフォーマットしたUSBハードディスクを認識させるのは少々面倒だったので、その覚え書き。

  1. root権限でyum install ntfs-3gを実行してntfs-3gをインストールする。fuseがインストールされていない場合には、fuse, fuse-libsも一緒にインストールされる。
  2. /etc/hal/fdi/policy/storage-ntfs.fdiというファイルを作って中身を下のようにしておく。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <deviceinfo version="0.2">
      <device>
        <match key="volume.fsusage" string="filesystem">
          <match key="volume.fstype" string="ntfs">
    	<append key="volume.mount.valid_options" type="strlist">locale=</append>
          </match>
        </match>
      </device>
    </deviceinfo>
    
  3. root権限で/etc/init.d/hald restartを実行する。
  4. ユーザ権限で下記を実行する。gconftool-2の代わりにgconf-editorを使ってもよい。
    $ gconftool-2 -s /system/storage/default_options/ntfs/mount_options \
                  -t list --list-type=string [umask=222,locale=ja_JP.UTF-8]
    
  5. おもむろにUSBハードディスクを接続する。

割と面倒。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com