Jan 24, 2007

本日の戦い: VMware Server 1.0.1と Kernel 2.6.19

今週、Fedora Core 6のUpdatesでkernel-2.6.19-1.2895.fc6がリリースされていたのだけれど、これとVMware Server 1.0.1の相性が最悪だ。今まで気軽にyum -y updateしていたけれど、怖くなってしまった。

まず、Linux 2.6.19でvmnetカーネルモジュールがコンパイルできない。このことは割と広く知られていて、Index of /bits/2.6.19-rc5にあるパッチやvmware-any-any-update106.tar.gz(VMTN Discussion Forums: VMWare Server Install Problem ...)を使えばよいということになっている。カーネルモジュールのコンパイル自体は恙無く行えるのだが、まったくまともに動作しない。

現象としては、起動してしばらくは正常に動作しているようなのだが、やがて外部からホスト、ゲストともネットワークが不通になる。ホスト上で/etc/init.d/network restartすると回復するのだが、またしばらくすると不通になる。

また、「rtc: lost some interrupts at 4096Hz.」というカーネルメッセージが出まくり、ゲストの時計が狂うという現象もある(ゲストをSMPで動かしたせいではない)。これに関しては、VMWare rtc: lost some interruptsに一応の解決方法は示されているのだが、性能を犠牲にすることになる。また、仮に解決したとしてもネットワークの問題が解決しなければ使い物にならない。

どうしようもないのでひとまず、

kernel-2.6.18-1.2869.fc6.x86_64.rpm
kernel-devel-2.6.18-1.2869.fc6.x86_64.rpm
kernel-headers-2.6.18-1.2869.fc6.x86_64.rpm
kernel-xen-2.6.18-1.2869.fc6.x86_64.rpm
kmod-nvidia-1.0.9631-1.2.6.18_1.2869.fc6.x86_64.rpm (*)
xorg-x11-drv-nvidia-1.0.9631-1.lvn6.x86_64.rpm (*)

をダウンロードしてきて(*を付けたものは私の環境に依存したモジュール)、びくびくしながら、

# rpm --force -Uvh *.rpm
# /sbin/chkconfig httpd.vmware off (MUIをインストールしている場合)
# /sbin/chkconfig vmware off
# reboot
 (...)
# vmware-config.pl

...何とか復帰できたもんね。ついでに/etc/yum.confにも速攻でこう書いておいた。

exclude=kernel* kmod-nvidia* xorg-x11-drv-nvidia

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com