Nov 4, 2006

Deux Lapin@三軒茶屋

自宅から最寄のビストロ、Deux Lapinに行ってきた。もともと日本茶カフェがあった、世田谷通りに面したマンションビルの一階。9月頃にオープンしていたことは知っていて気にはなっていた。

すでに「食べログ.com」のページがあったり、ランチタイムは近隣の主婦連のたまり場になっていることが報告されていたりするようだ。

まずは安い。メニューはオードブル数種から1つ、メイン数種から1つ選べるプレフィクスしかなく、一人2000円。ワインも各種揃えてあるがボトルで5000円を超えるものはなかった(ような気がする)。デザートとコーヒー・紅茶のセットが500円。今時ファミレス並みの価格帯と言える。味はごく素朴においしいし、分量もある。

問題はメインのプレートが肉料理ばかりだということだ。魚介類はホタテの料理しかない。そのせいもあって、「都会のフレンチというよりは、伊豆高原あたりにある『オーベルジュ』を名乗るペンションの料理のようだ」というのが連れの感想。まったく同感だ。でもスタンダードなフレンチの肉料理が確実にしかも安価に食べられる店としては行く価値が十分にあると言える。あとはフォア・ド・ヴォアを出してくれればいいかな。

ナイフが徹底的に切れない。オードブルの車海老を切り分けることすらままならないナイフを使って、肉汁を無駄に出すことなく鴨のローストを切るのは至難の業というべきものだ。また、給仕は徹底的に不慣れだ。開店から一か月以上経てのこの不慣れさ加減は、もうあえて店のキャラクターだと思うしかない。鷹揚な心持ちが重要。あとは、店がマンションの一階なので閉塞感があるのが気になる人もいるかもしれない(おそらく禁煙なのではないかと思う)。

いささか難ありではあるが、それを愉しむくらいのつもりで行けば良い食事ができる、まあそういう物件ですね。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com