Jul 17, 2006

汐見荘@伊豆北川温泉

せっかくの連休なので思い立って伊豆北川(いずほっかわ)へ。

車だと西湘バイパスとか真鶴道路とかダルい。帰りはさらにダルい。箱根ターンパイク~伊豆スカイラインを使う手もあるけどターンパイクに入る以前の小田原厚木道路の出口ですらダルい。ので、東京~熱海(東海道線快速アクティー・自由席グリーン車)、熱海~伊東~伊豆北川(伊東線・伊豆急)で3時間かけて移動。踊り子号だと伊豆高原の次は伊豆熱川にしか止まらないからね。

伊豆北川駅はなかなか味わいのある(鄙びた)駅。

駅のホームから見下ろした1kmにも満たない海岸通りだけで、有名な黒根岩風呂、温泉宿街、港が完結してしまう、そんな北川のコンパクトさにぐっとくる。地形的に山が海岸線に迫っている上、もう十分開発されていてこれ以上大きくなりようもない。

お世話になった宿は汐見荘という港の真ん前の宿。5部屋しかない家族経営の民宿だけど、施設は新し目だし清潔・快適なのがありがたい。部屋はこれ以上望むべくもない、一面オーシャンビュー。↓妙になごむ。

獲れ獲れ舟盛り、うまーっ!!

メインはあくまで舟盛りなんだけど実はそれ以外の料理もかなり良かった。正直なところ冷製トマトのカッペリーニで食欲をかき立てるとか、新鮮な魚介類の食し方としては適さない天ぷらはメニューから外すとかいった、既存の温泉宿料理のプランニングにはない発想に軽く驚かされた。煮びたし(揚げびたしだっけ?)のナスも美味しかった(露地ものは7月から旬だよねとか)。アワビかサザエを追加注文しておくんだったと後悔していたら手頃なサザエ焼きが出てくるし、サザエ入り茶碗蒸し、(なぜかえらく待たされたけど)シッタカ入り味噌汁と畳みかける海の幸コンボには参りましたという他ない。伊豆萬耀 純米吟醸でいい酔い加減。

伊豆高原と熱川の間というついつい見落としがちなエリアだけど、思いがけず良いところだった。汐見荘の皆さんも気さくでとても親切にしていただいた。年に一回くらいのペースでリピートしてもいいなあ。

Picasa アルバム - ogawa - 2006-07 Hokka...


2008年4月26日に伊勢海老付きのプランで再度宿泊。相変わらず良いもてなしだった。汐見荘 伊豆北川 - Google 検索でこのブログがかなり高い順位で表示されるので面割れしているかもしれん。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com