Apr 13, 2006

Google Calendar

Google Calendar、北ー!

Google Calendar

サイボウズなどのオンラインスケジューラを読み込んで、Google CalendarにiCal形式でポストできるPlaggerのモジュールがあればなあ。そうすればOutlookは完全に捨てられるのにね。

インタフェースは例によってよくできているのだけど、割と面白いと思ったのはカレンダーを複数持てるところ(今現在はなぜかできない…あ、でけた)。

よくあるOutlookなどのシステムでは、ただ一つのカレンダーがあり、その上に目的別に色分けされたカレンダーアイテムを配置できる。また、そのカレンダーアイテムにはそれぞれアクセス権を設定できる。これに対して、Google Calendarでは、目的別に複数のカレンダーを持つことができ、そのうちの任意のものをオーバーレイして一つのカレンダービューを生成できる。また、個々のカレンダーにそれぞれアクセス権を設定できる。さらには個々のカレンダーアイテムにも簡単な公開クラス(Public/Private)を設定できるようだ。

一概に前者が面倒で後者が楽とは断言できないけれど、仕事中には仕事のカレンダーしか更新しないし、プライベート中はプライベートのカレンダーしか更新しない、という一般的なユーザ行動を考えれば後者のアプローチに分がある気もする。

あと、Event Publisher Guideにあるように、Webなどに公開してあるスケジュール情報をカレンダーに取り込む機能も面白い。面白いのだけれど、iCal形式やMicroformatsのhCalendar形式に加えて、Google Calendar用のリンクをわざわざ作らなくてはならないのは正直どうなの、どうなのよ、と思う。iCal→gCalやhCalendar→gCalはBookmarkletやGreasemonkeyでも簡単に実現できるのできっと今週中に誰かやるだろうけれどさ。

上の方で「Plaggerでほげほげ」と書いたのは、カレンダーシステムで重要なことは、「入力の簡便さ」もあるけれど、「Syndicationの容易さ・自動化」だと考えているから。本当は外部からAtomPPでカレンダーアイテムを追加・編集・削除できるようなインタフェースがあって、Plaggerなどでそいつを叩けば済むようになると嬉しい。もちろん、AtomPPのようなActive Interfaceの代わりに、適当なURLでスケジュールをRSS/iCalでpublishしておけばGoogle Calendarが勝手にfetch & syncしてくれるというPassive Interfaceでも構わない。

追記: ちょっと調べてみたらGoogle CalendarにはWeb上に公開してあるiCalファイルのURLを指定することで、Other Calendarsの一つとして読み込めるみたいだ。てことは、サイボウズをスクレイピングしてiCalファイルを作る部分だけ何とかすればいいのか。それはもう誰かやっていそうな気がする!!

サイボウズをスクレイピングしたり、RSSなどからカレンダーアイテムっぽいものを切り出したりするのはPlaggerの仕事ね(ぉぃ)。多忙を極めているので生暖かく見守ることしかできないが…。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com