Feb 28, 2006

Geocoded Livedoor Weather RSS

livedoorのWeather Hacks、良いのですが、なぜgeo vocabularyが付いていないのでしょうか? だって天気情報とか地震情報って地理情報でしょう?

Weather Hacks - livedoor 天気情報

なんだかな~と思ったので、geo vocabularyを付加するサービスをでっち上げてみることにしました。とりあえずのプロトタイプとして、「http://as-is.net/maps/geolwws.fcgi?url=RequestURL」てな感じでlivedoor WeatherのRSS URLを渡すと、geo vocabulary付きのRSSを返すものを作ってみました。

http://weather.livedoor.com/forecast/rss/index.xml

http://as-is.net/maps/geolwws.fcgi?url=http://weather.livedoor.com/forecast/rss/index.xml

今のところlivedoor Weatherが提供しているRSSのうち、ldWeather:lwws要素を含むものにしか対応していません。geolwws.fcgiに渡すRequestURLはURL encodingされているべきですが、単にRSSのURLを渡す分にはencodeしなくても構いません。

geo vocabularyが付いているとどんなご利益があるかと言えば、何はさておきマッピングサービスとの統合が簡便に実現できるということです。例えば、Ogawa::Buzz: georss2kml.cgi: GeoRSSをGoogle Earthにマップするスクリプトを使って、天気情報をGoogle Earthにオーバーレイすることができます。

http://as-is.net/maps/georss2kml.cgi?url=...

georss2kmlをもう少しいじらないと見栄え的にアレですが...。

上でも書きましたが、ldWeather:lwss要素を含まないRSSは変換できません。今のところ、livedoor Weatherが提供するRSSのうち、(1)特定の地点の時系列データを表すRSS、(2)防災情報やアメダスのデータを表すRSSには、ldWeather:lwws要素が付加されていません。

(1)については、特定の地点ですからgeo vocabularyを与えることはできます。ただし、それが意味があるかどうかは微妙なところです。(2)については、天気情報と地域区分の方法やレベルが異なるために難しいです。例えば、アメダスは、天気情報の区分(全国の地点定義表)よりずっと細かい行政区に対する情報が与えられています。これらのすべての地点の座標情報を与えるのは、個人ではほとんど不可能だなあという印象です(だからこそ、本当はlivedoor Weatherで対応して欲しい)。

また、このプロトタイプの自然な拡張としては、RESTを利用したlivedoor Weather APIの出力結果にもgeo vocabularyを付加するというものがあるでしょう。もちろん、リクエストをまともにこなすことやAPIの持つ定義域・値域の膨大さを考えたら、このようなゲートウェイサービスを作るよりは、上流(livedoor Weather)か下流(クライアント)で付加する方が現実的、というのが妥当な判断だと思いますが...。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com