Jan 20, 2006

MT 3.2で HTML::Templateのファイルキャッシュを有効にする

Movable Typeでは、mt.cgiなどが生成する画面はHTML::Templateというマクロプロセッサ(≒テンプレートエンジン)を使って実現されています。このマクロプロセッサには大した機能はないのですが、テンプレートを読み込んだ結果をファイルなどにキャッシュしておき、それを再利用することで処理を高速化する機能があります。

実は、MT 3.2以降ではこのファイルキャッシュ機能を簡単にActivateすることができます。方法は、

  1. <MT_DIR>/tmplディレクトリの下にcacheという名前のディレクトリを作る
  2. cacheディレクトリのパーミッションをmt.cgiなどから書き込めるように設定する

...ただそれだけです。

HTML::Templateのドキュメントによれば、「テンプレートの処理パフォーマンスが50%向上する」とのこと。とは言うものの、テンプレート以外の処理の方が遥かにオーバーヘッドが大きいので、このファイルキャッシュを有効にしても大した改善は望めません。

容易にできることなので気軽に試してみてはいかがでしょうか、という程度のmicro tipsでした。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com