Nov 8, 2005

自宅無線LANをIEEE 802.11aに移行

自宅で使っている無線LANアクセスポイントは、IEEE 802.11a/bg切り替え式のBuffalo WER-AMG54なのですが、この11aの方は5.2Ghz~5.3Ghz帯を利用する世界標準規格(W52/W53)にしか対応していません。一方で、自宅で主に使用するPCは、Panasonic CF-T4GW (Ogawa::Buzz: Panasonic CF-T4GWKAXP)とSony PCG-TR5PS (Ogawa::Buzz: VAIO type TR5S)の2台で、a/b/gデュアルバンド3方式に対応してはいるものの旧規格11a(J52)しか対応していません。そういうわけで、「屋内でしか使えないが性能上のメリットはある」11aの特権を行使することはあきらめて通常通り11gで自宅内LANを構築していました。

先月あたりからPC製造各社からアップデートプログラムのアナウンスが相次いでいて、うちはまだかな~と心待ちにしていたのですが、ようやく両PCの11aのアップデートプログラムが出揃ったので早速アップデートしてみました。

アップグレードプログラムによってどちらのPCもJ52対応からW52対応に排他的に切り替わります。面白いのは、Let's Noteの方はアップグレードすると11bの14chが使えなくなるようです。11gではもともと使用できないチャンネルだし、ほとんどデメリットはなかろうと判断して、えいやっとアップデート。

結果的には相当通信速度が向上したような気がしています(ちゃんと測定していません)。ひとまず他所のアクセスポイントなどとの干渉はほとんどなくなっているでしょう。あ~あと、飛行機内で11a(W52)を使えるご身分になりたいですね。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com