Oct 18, 2005

千葉ロッテのリーグ優勝。

別段ロッテやソフトバンクのファンというわけでもないが、この二日間はテレビ東京のパリーグ・プレーオフ放送に見入ってしまった。

1974年以来の優勝とのこと。1974年と言えば、中日ドラゴンズが与那嶺監督で優勝を決めたわけだが、その日に長嶋が引退を表明してしまい、(スポーツ誌の見出しがアレなことになり)ドラゴンズファンの不興を買ったまさにその年以来、ということになる。ともあれ遠慮深いロッテ球団と初芝と、ジャンプ癖のあるファンにはおめでとうと言いたい。

けれども、私がテレ東の放送に見入ってしまったのは別の理由がある。それは解説の川崎憲次郎である。2000年にFA権を行使して中日に移籍、その後3年間は故障で一軍登録すらなく、2003年にはオールスターのファン投票でいわゆる「川崎祭り」が起き、2004年には落合が開幕投手に指名して話題を呼んだものの、同年引退(中日ファンとしては、故障は残念だが、星野の引きの弱さも一因だと…)。そして今はテレ東の解説者をしている、その川崎である。

テレビ東京の中継の二日間、川崎は試合のメイン解説をしていた。彼がすごいのは投手を褒める、ちょっとしたことでも褒めるということである。おいおい褒め過ぎだろってくらい褒めている、実際。現役で苦労したせいなのかもしれないけれど、このキャラクターはとても面白い。小松辰夫あたりがいまだにラジオ・テレビの解説で昔の自分の投球を吹聴してみせていたりしていて、もう聴いてらんないって感じなのに比べると(江川も10年くらいまではそうだった)、雲泥の差だ。なんなんだろう、この人間の出来の違いは。高年俸と怪我が彼に「ツツシミブカサ」というものを教えたということなのだろうか。

川崎は来年は楽天に行ってしまうのかもしれない。それは残念でならないが、楽天の投手陣がちょっとでもマシになったとすれば、それは彼のおかげなのだろう。物陰から生暖かく応援していきたい。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com