Aug 18, 2005

Panasonic CF-T4GWKAXP

ThinkPad X31 2672-BAJ (Intel Pentium M 1.30GHz, 1GB Memory, 60GB HDD)を2年近く使っている。色気も何もないだけあって次のマシンを買う気力すら吸い取られる「The 不毛マシン」だ。その不毛さに納得してもいたのだが、酷使の結果、今やバッテリが2時間くらいしか持たない駄マシンと化してしまった。無線LANもIEEE 802.1bのままでgな奴らにみすみす帯域を掠め取られているかと思うと口惜しい。さらに近頃はプッツンプッツン無線が切れる始末。こうなるとさすがに買い換えたいと思うようになった。

私のPortable PC歴はこんな感じで、基本的には性能や機能より重量やバッテリの持ちを重視してきたつもり(X31は例外)。それでいて、いろいろ工夫して(重いデータはネットワークストレージにオフロードするなど)大概の作業をこの歴代のPortable PCでこなしてきた。この7,8年はPortable PCをメインマシンに、Desktopをサブマシンまたはサーバに使用するというパターンがすっかり定着している。

さてここのところPC事情をあまりキャッチアップしていなかったのだが、今時のPortable PCのトレンドは、速い、熱い、バッテリが持たないの3拍子揃ったチップセット、Sonoma(Intel 915GM/PM)を使っているということらしい。一世代前のIntel 855GM/PMでもよいのだが、それだとX31と大して変わり映えせず、プロセッサがBaniasからDothanに変わったことによる進歩くらいしか享受できない。なので、ここはあえてSonomaで最長駆動時間を誇るPanasonic CF-T4Gに手を出してみることにした。

カタログスペックでは、重量1260g、バッテリー駆動12時間、耐加重100kgなど申し分ない。画面がXGAだとか、2スピンドルでないだとかはほとんどどうでもいい。激しく近視なので14.1inでSXGA+のLCDはしんどいし、内蔵のスーパーマルチドライブなんて書き込み速度が遅い上に半年に一度使えばよい方だからだ。

CF-T4Gの×な点はメモリがたった1GBしか積めないことと、直販サイト(マイレッツ倶楽部)モデルでないとHDDが40GBになってしまうこと(換装が最も難しい機種の一つ)。前者に関してはVMwareでゴリゴリ仕事をやっているせいで割と苦し目。省メモリに励む必要があるだろう。後者は直販サイトで買えばよいわけだけどbudgetの都合で難しいこともあるような、ないような。

ひとまず、マイレッツ倶楽部モデルのHDD 80GB+メモリ1GBを見積もり中。

2005-08-25追記:
到着したので「ポータブルPC歴」を更新しておく。

導入時期メーカー機種スペックなど
1991/6東芝Dynabook J-3100 386SX001386SX 16Mhz, 2+1MB Memory, 40MB HDD
1995/5富士通FMV 450NL/S (Biblo)486DX2 50Mhz, 8+8MB Memory, 340MB HDD
1996/1東芝Dynabook SS-R575Pentium 75Mhz, 8+16MB Memory, 520MB HDD (*)
1997/9東芝Dynabook PORTEGE 300CTMMX Pentium 133Mhz, 32+32MB Memory, 1.6GB HDD (*)
1998/8東芝Dynabook SS PORTEGE 3010MMX Pentium 266Mhz, 64+32MB Memory, 4.3GB HDD (*)
1999/8東芝Dynabook SS 3380Mobile Pentium II 400Mhz, 64+64MB Memory, 8.1GB HDD (*)
2000/9東芝Dynabook SS 3480低電圧版Mobile Pentium III 600Mhz, 64+128MB Memory, 12GB HDD (*)
2002/2東芝Dynabook SS S4/275PNHW超低電圧版Mobile Pentium III 750MHz-M, 256+256MB Memory, 20GB HDD (*)
2003/10IBMThinkPad X31 2672-BAJIntel Pentium M 1.30GHz, 1GB Memory, 60GB HDD (*)
2005/08PanasonicCF-T4GWKAXPIntel Pentium M 753 (超低電圧版, 1.20GHz), 1GB Memory, 80GB HDD (*)

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com