Jun 20, 2005

Buffalo WER-AMG54

正月に自宅の無線LANアクセスポイントを買い換えたばかりなのですが(Ogawa::Buzz: I-O DATA WN-G54/R2)、メルコのアクセスポイントに買い換え直しました。

私の使っているPCはいまだにIEEE802.11b、奥の人のPCはa/b/gなのですが、私の使っているI-O DATAのWN-G54/R2は、IEEE802.11 b/g混在環境でb側の接続をぷっつんぷっつん切ってくれるのです。正直一時間に一度切れるだけでも作業効率は半分以下に低下します。ファームウェアをアップデートしても状況は変わりません。私の使っている機材は多分初期ロットですからその後のロットで改善されている可能性は大ですが、少なくとも私にとっては安物買いの銭失い以外の何物でもありません。

とっとと修理に出したいところですが、小川家は完全に無線LANに依存しているので代替手段を確保しなければならないのと、正直I-O DATAという会社への不信感もあり、新調することにしました(よくもここまで辛抱したものです)。

WER-AMG54 IEEE802.11a/g切替 無線ルータ
WER-AMG54 IEEE802.11a/g切替 無線ルータ
無線LAN|WER-AMG54

当たり前のこととは言え、超安定しているんですけど。

ところでこの機種は世界標準の方のIEEE 802.11aに対応しています(BUFFALO|世界標準11a)。2005年5月16日の電波法改正で従来の11aから10MHz帯域がシフトしまったため、従来の11aインタフェースを持つPCとは相互に通信できません。PC側がファームウェアのアップデートなどで対応できればよいのですが、まあそういうわけにも行かないでしょう。11gを使って普通に通信できているのなら旧11aから新11aへの移行の動機がありませんから、11aの真っ当な普及がさらに遅れることは確実です。普及するより802.11nの標準化・製品化の方が早いような気がしますね。

I-O DATAのやつは修理に出してから実家にでも導入する予定。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com