Apr 17, 2004

LotR: The Return of the King

Title:The Lord of the Rings: The Return of the King
Director:Peter Jackson
Year:2003
Place:渋谷ピカデリー
Eval:★

二ヶ月遅れで王を帰還させてみました。

映画としてはお粗末としかいいようがないわけですが、そういうところに言及しても野暮でしかないのでやめておきます。

展開上、いろいろ不遇な扱いになった人たちがいました。以下、不遇の登場人物Best 3。

3. Saruman (Christopher Lee)

スーパー編集により登場さえできませんでした。

2. Éomer

いつもそこにいたのに今回(多分)名前を一度も呼んでもらえなかった気がします。「Death! Death! Death!」と叫んでいたのはThéodenではなく彼だし、ThéodenはÉowynに家督を譲るみたいなことを言ってましたが、Théodenの死後Rohanの王になるのも彼です。

1. Faramir

The Two Towersでは悪者扱いされていましたが、実はすごくいい人なんです。原作で確認してもらいたいところですが、普通の「人間キャラ」の中では一番文武に長け、善良で高潔、一つの指輪に翻弄されないいい人なはずなんです。ところが、今回ろくに反撃もせずに敗走に次ぐ敗走でょゎょゎ。Éowynとの恋愛沙汰もばっさりカット。執政になってAragornの戴冠で演説する役もGandalfに奪われてしまっています。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com