Feb 3, 2004

東海道新幹線の車内チャイム

何をいまさらというご意見もあろうが、11月24日の品川駅オープンにより城南エリアの東海道・山陽新幹線へのアクセスは格段に容易になった。城西・城東・城北エリアの人々は新宿、東京に依存しているのでよいのだが、城南エリアの人々にとっての最寄のターミナル駅はもともと渋谷であり、目黒であり、品川である。このエリアが人口密集地で、かつ比較的所得水準の高い層が住むエリアであることを考えると、随分冷遇されてきたものだというのが実感だが、それも品川駅オープンによって解決したと言えるのではないだろうか。

さてその東海道・山陽新幹線の車内チャイムが東日本は「Be Ambitious」に、西日本は「いい日旅立ち」に変更された。

車内チャイム/新幹線

「いい旅」はよいのだが、TOKIOの「Be Ambitious」の方はあっという間に陳腐化してしまいそうな予感がする。3年後にはこのチャイムの曲なんだったっけと言い出していることは必至だろう。この問題に関しては3年後に振り返るとして、今改めて考えてみたいのは、前のひかり・こだまの車内チャイムの元曲はなんだったのか、ということである(上記ページで聴ける)。

私のように80年代耳を持っている人々(例えば、ホンダSTEP WGN SPADAのCMを観てDavid BowieのLet's DanceのPVの訳の分からない映像を克明に思い出せてしまう人、日産TianaのWhat a fool believesを聴いてうっかり携帯の着メロに設定してしまう人などはみんな私と同じ80年代耳を持っている)には、この曲はBand Aidの「Do they know it's Christmas?」に聴こえる。どうしてもそう聴こえるが、浜田麻里の曲だとする有力な説もある。濱田マリならぬ浜田麻里が何者で元曲が何なのか知らないので確認のしようもないのだが…。

要するにBe Ambitiousも確実にそうなるということである。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com