Jan 26, 2004

いまさらポータブルCDプレイヤーを買ってみるの巻

ソニー、1GB記録が可能なMD新規格「Hi-MD」

これによると、Hi-MDの1GBとATRAC3plusの48kbpsの組み合わせだとまあ45時間分の録音・再生が可能である。が、普通のCD-Rで700MBとWMA 64kbpsの組み合わせでもそれとcomparableな24時間の録音・再生が可能である。サンヨーの倍密度記録技術HD-BURN(↓)を使えばHi-MD以上の録音・再生時間が実現できることになる。

市販のCD-Rメディアに2倍の容量を記録できる高密度記録技術「 HD-BURN 」の開発

このようにHi-MDの意義は最初からかなり怪しい。

ちなみに転送速度に関しては、CD-Rだと最近は52倍速で書き込める装置があるのに対して、NetMD Walkmanだと64倍速、もちろんNetMD対応のSony VAIOが必要である。つまり全書き込みにCD-Rだと3分弱、1GB Hi-MDだと8~10分(ちょっと計算は怪しいか?)かかる計算になる。まあ許せる時間だと言える。転送速度を高めるためにはそれだけの高速な中間ストレージ(平たく言えばPC)の利用が前提になり、単体のCD/MDコンポあるいはそれに類する装置によるDirect Writingでは(ソースメディアの読み込み時間がdominantだから)不可能なのは言うまでもない。

と、ここまできて、ポータブルCDプレイヤー(今時の真っ当な製品にはほとんどMP3/WMAの再生機能が付いている)は結構いいじゃんと最近思い始めたわけである。

まず、CD-DAという規格にもCD-Rという媒体にもまだ寿命がある。ほとんど唯一の敵はCCCD(Copy Control CD)くらいのもので少なくとも当面問題にはならないし、CD-Rの供給が抑制されるほどにCopy Controlが浸透するには気の遠くなるほどの時間がかかりそうである。また当然のことであるが、出先でCDを買っても他の媒体を用いるプレイヤーで聴くにはそれなりの手順が必要だがCDプレイヤーなら何も考えずに済む。

次にHDDプレイヤー、シリコンプレイヤーに比べてかなり消費電力量が小さい。例えばiPodは8時間しか連続駆動できないし、gigabeat G20でも11時間しかもたない。シリコンだと機種によっては30時間くらい持つ(補助乾電池でその2,3倍くらいまではいけそうだ)が、ポータブルCDプレイヤーなら70時間強、乾電池を補助に使えば優に一週間以上連続駆動できる。

いいじゃん、いいじゃんと自分を焚き付け、ヨドバシのポイントを使って↓を買ってみた。

Panasonic商品カタログ ポータブルCDプレーヤー SL-CT810:商品概要

HighMAT規格に対応した世界初のポータブルCDプレイヤー、ひょっとしていまだに唯一のHighMAT規格ポータブルCDプレイヤーかもしれない。そのあたりの機能にちょっと期待している。HighMAT規格について詳しくは↓。平たく言うと、Windows Media PlayerのJukebox機能を利用してシームレスにWMA/MP3 CD-Rを作ることができるということである。

What's HighMAT | Panasonic

2004-03-15追記:
1/26に買ってフル充電してから約50日を経過した本日、ようやくポータブルCDプレイヤーSL-CT810のバッテリを使い切った。「バカ」が付くほどよく持った。バッテリで駆動するあらゆる装置は当然こうあるべきという「見本」のような製品だった。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com