Oct 27, 2003

Too many Anti-Spam functions!!

私のメール受信環境(postfix + Courier-IMAP)では、bogofilterを使ってSpam/Ham(No-Spam)判定を行っている。「Spam」と判定されたものはIMAPのSpamフォルダに、「Ham」と判定されたものはIMAPのHamフォルダと標準の受信フォルダ(つまりはHamを複製している)に振り分けている。

普段は、POP3で標準の受信フォルダの中身のみを受信する。これで概ねハッピーなのだが、ときどきSpamを受け取ることもあるし、誤ってSpamと判定されたメールを読み落とす危険性もある。そこで、ときどきはメールサーバにIMAPで接続して、判定ミスしたメッセージに関しては、HamフォルダからSpamフォルダへ、あるいはその逆方向にメッセージを移動しておく。もちろん、該当メッセージをbogofilterの学習に使った上で、誤ってSpamと判定されたHamに関しては標準の受信フォルダにコピーしておきたいわけだ。

Maildir形式では移動されたメッセージをファイル名からごく簡単に識別することができる(STとかいうフラグがファイル名に付加される)ので、適当なスクリプトを書いてcronで定期的に呼び出してやれば、これを簡単に実現することができる。POP3が不要なのであればもう少し話は単純だが。

これはこれで使い勝手が良いのだが、最近Norton Internet Security 2004やMicrosoft Outlook 2004にもAnti-Spam機能が付いてきていて悩んでいる。どちらもかなり評判が良い。

ところが、Norton Internet Security 2004に付属してくるNorton AntiSpamのMicrosoft Outlook、OutlookExpress、Eudoraに対するプラグインモジュールはオフにできない。

Norton AntiSpam のツールバーを表示しないようにする方法

ふざけんじゃないわよって感じだが、もっと良くないことがある。このプラグインモジュールの導入がOutlookExpressではうまくいかない、少なくともうまくいかないケースがある。具体的にはOutlook Expressを起動すると、Norton AntiSpam用のフォルダを作ろうと試みて失敗し、Outlook Expressを強制終了し、また再度立ち上げる、の無限ループに陥る(ことがある)。

というわけでNorton AntiSpamには若干懐疑的。

Portable PC歴

私も忘れないうちにまとめておこう。

導入時期メーカー機種スペックなど
1991/6東芝Dynabook J-3100 386SX001386SX 16Mhz, 2+1MB Memory, 40MB HDD
1995/5富士通FMV 450NL/S (Biblo)486DX2 50Mhz, 8+8MB Memory, 340MB HDD
1996/1東芝Dynabook SS-R575Pentium 75Mhz, 8+16MB Memory, 520MB HDD (*)
1997/9東芝Dynabook PORTEGE 300CTMMX Pentium 133Mhz, 32+32MB Memory, 1.6GB HDD (*)
1998/8東芝Dynabook SS PORTEGE 3010MMX Pentium 266Mhz, 64+32MB Memory, 4.3GB HDD (*)
1999/8東芝Dynabook SS 3380Mobile Pentium II 400Mhz, 64+64MB Memory, 8.1GB HDD (*)
2000/9東芝Dynabook SS 3480低電圧版Mobile Pentium III 600Mhz, 64+128MB Memory, 12GB HDD (*)
2002/2東芝Dynabook SS S4/275PNHW超低電圧版Mobile PentiumIII 750MHz-M, 256+256MB Memory, 20GB HDD (*)
2003/10IBMThinkPad X31 2672-BAJIntel Pentium M 1.30GHz, 1GB Memory, 60GB HDD (*)

途中でBibloさえもらわなければ完封だったわけだ。IBMはツナギ。

Oct 21, 2003

げっ!げっ!月桂冠!

月桂冠のCM:うるおい3000円プレゼント、リス篇、クマ篇(200309)

このCM、私のツボにはまりまくり。気が付くと頭の中でフルコーラスで「げっ!げっ!月桂冠!」と始まるし、テレビでCMが始まると「くだらない」と思いつつもどうしても観入ってしまう。これ、すごいよ。月桂冠の酒を買うと何か貰えるらしいけど、もうそんなのどうでもいいやと思わせるだけの(脱)力がある。宣伝の効果としてはどうかと思うけど。って言ってたら野田凪の仕事だった。どうりで私のツボにはまるわけだ。

彼女の仕事では、サントリーのミルクティー飲料ラテラテのTV CMは私のツボにはまる。「熱烈大増便! ANA中国」の広告にもぐっとくる。また、去年やってたラフォーレ原宿のモノクロのTV CMもびんびんくる。どうも私が反応してしまうのは、ワンアイディアの不自然さ(要するにナンセンス)を描いたCM・広告のようだ。

サントリーのTV CMでは一貫してペットとしてかわいらしい「ラテラテ犬」を描いている。これはペットボトルからペットである仔犬を着想するというワンアイディアのみで成立しているが、(手足尾が生えているとは言え)ただのペットボトルをペット化するというのは明らかに不自然だ。不自然ではないかのように物語が進むのがなお不自然。ANAの広告は、「中国便大増便でくまのとれたパンダ」が描かれている。もうきっぱりワンアイディアかつ不自然だ。ラフォーレのCMは完全にモノクロの世界なのだが、「モノクロで」撮っているのではなくて、「世界をモノクロにして」(つまりセットから衣装・メイクまですべてモノクロ、しかもアーリーアメリカン調)普通に撮っているという不自然さ。大した回数放映されていないので見逃したり、気が付かなかったりした人も多いのではないかと思う(もったいない)。

Oct 14, 2003

Microsoft Money 2004

一部で悪名高いPCサクセスでMicrosoft Money 2004を注文しました。

本体+送料+消費税で6006円。4000円分のキャッシュバッククーポン付きなので実質2006円。海賊版じゃないかってくらい安いんですけど。

だーれも使っていないANSER-SPC(ラクラクパソコンバンキング)機能が削られて安定化が図られている…ことを期待したい。

2003-10-16追記:
というわけで二日後の16日の朝には届き、キャッシュバッククーポンもちゃんと入っていました。

Oct 11, 2003

タビニ / Tabini

海外旅行専門サイト「タビニ」 -海外旅行をあなたがプランニング。年末年始のご旅行予約受付中!おトクな格安航空券やPEXをはじめ海外航空券、海外ホテルが満載!

「タビニ」はUnited Airlinesの日本語版機内誌の裏見返し部分に広告をよく出しているオンラインFIT(Free Independent Tour、個人手配旅行?)代理店。

独立系の手配旅行代理店のシステムは現状poorである。例えば対面のシステムを考えてみると良い。HISに行って希望する便を伝えたとする。すると担当のoneisan/oniichanが電話をかけ始める。で、一時間待たされた挙げ句、結局キャンセル待ちリストに入れてもらうことになる。さらに言えば必ずもう一度来店しなくてはならない。このシステムがオンライン化されても大して嬉しくないだろう。

一方、航空会社のシステムは非常に洗練されていて、旅程の指定から席の指定まで容易にできる。問題は商品のバリエーションが少なく、オンライン用に確保されている商品数も少ないということだろう。全日空の場合になるが、4週間前期限のDiscount Economyは独立系の旅行代理店の方が手に入れられる確率が高いという始末。提携航空会社の航空券を積極的に売っていく動機が不足しているのか、提携航空会社の便を使った旅程はせいぜい一つしかなく、他にいくらでも選択しうる旅程があっても提示されないことが多い。

タビニは、両者の欠点を補うサービスということになる。独立系ではなく、航空会社とTravelocityの共同出資で、要するにTravelocityと同様のサービスを提供する日本語チャンネルである(システムはTravelocityのまんまだし)。オンラインで航空各社の便の検索から購入、座席指定まですんなりできてしまうので便利なことこの上ない。

だったら、タビニなどという分かりにくい名前は止めてtravelocity.co.jpにでもすればいいのにという気がする。今のところここを使っている、使ってますという人の評判をあまり聞かないのも機内誌の裏見返しのような地味な場所にしか広告を出していないせいで、要するにBrandingに失敗しているせいだと思われる。

とりあえず、SC03の航空券をここで取ってみた。航空会社のTicket By Mailサービスよりはチケット発送などのアクションが早いね。クレジットカードへの課金も早いけど。

2005-09-27追記:
2005年9月30日でタビニは無事会社解散ということになりました ;-)

Oct 9, 2003

Chicago Chop House

Chicago Chop House

Chicagoの最終日(10/8)は全米No.1レストランのChicago Chop House。夜のメニューではFilet Mignon以外の肉を選ぶと一律16oz(=1Lb)からというマッチョ度合い高めのお店。全米No.1だからしかたない。

味付けに塩と胡椒しか使っておらず、確かにおいしい。全米No.1の意義って結局、良い肉を仕入れてごく素朴に調理すること、らしい。

Oct 8, 2003

小松くん宅訪問

今日は、小松くんの運転するプラッツでChicago Downtownから30マイルほど離れた小松くん宅を訪問して、鍋を食べて雑魚寝するイベント。

免許取得後即渡米、運転歴約2ヵ月の人の運転する車の助手席に座る経験が今までなかったため、非常にスリリングかつ楽しい体験をした。ホテルを出ていきなり一方通行の道を逆走、目の前にいた婦人警官に「Wrong Way!」と叫ばれ、高速道路ではKeep Right、周りの車の流れに合わせて走ることは決してせず、緩やかなカーブも十分に減速する。高速を降りてWalmartに行けばそこも彼にとっては危険いっぱいの駐車場。他のスーパーにも寄った後、ようやく小松くん宅に到着した頃には身も心もボロボロである。

小松くんのアパートは非常に広い1LDK、キッチンは独立ででかい冷蔵庫も食洗器も備え付け、コンロも4口あって実にゆったり。寝室も12畳はあったかと思うが、アトリエとしてその1/3程度しか有効に使っていない模様。リビングダイニングは20畳以上ある。ダイニングスペースには豪華な照明が奢られるがその一角はなぜかゴミスペースとして台無しにしてしまっている。リビングスペースはソファベッドとコーヒーテーブル(ちゃぶ台として使用)がぽつんと置かれているだけで、広大な壁面は何も飾らずプロジェクタ用スクリーンとして確保されている。キッチン・バスルームを除くスペースは全部絨毯が敷かれ、セントラルヒーティングの暖房が人々を安眠に導く。ベランダに出れば一面青々とした気持ちの良い芝生に、紅葉した広葉樹が適度な間隔で植えられている。この物件が都心のワンルームより安い月X00ドルだと誰が思うだろうか。

小松くん宅では食器を洗ったり、鍋を食ったり、雑魚寝したりして実にゆったり有意義に過ごした。もう少しだらだらといつづけたかったが…。

帰りは少し上達した様子。「高速では『俺様が一番運転が上手く、俺様の車はこの辺の峠では誰よりも速い』と思って走れ」という忠告が奏功したのか。この忠告には続きがあって、「『俺様…速い』と思え。思いながら『今日のところはこのへんで許しといたる』という鷹揚な心掛けで走れ。」。

が、ホテル目前にて信号無視しかける罠。これくらいのことは誰でもやる。本当に危ないとき以外は無視しても構わないのが信号だ(嘘)。小松くんには無事故で頑張って欲しい…。

Oct 2, 2003

PCリサイクルマーク

PCリサイクルマーク

PCリサイクルマークとは、2003年10月1日以降に当情報機器リサイクルセンターの共同運営5社から販売される家庭向けパソコン・ディスプレイに貼付されるマークです。 このPCリサイクルマークが貼付された使用済みパソコン・ディスプレイは、情報機器リサイクルセンターにて、排出時に新たな料金負担なく回収・再資源化いたします。

ということらしく、10月以降販売されるPCにこのリサイクルマークシールが貼付されるらしい。私は「PCに貼ってあるシールはことごとく剥がした上で使用する」派なのだが、このシールだけはどうしても剥がすことができない。しかも、上記URLにある通り、このシールの見た目はかなり悪い線いっているではないか。密かに戦々恐々とする私。

ところが「PCリサイクルマーク」の実装は案外任意性があり(ピンキリ)、東芝あたりになるとこんな感じ。

パソコンのリサイクル

…かなりやる気のない感じで好感が持てる。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com