May 29, 2003

Kilimを買いました


Kayseri Kilim

さっそく届いた。思っていたよりいいっ!!

壁掛けにするつもりだが、壁掛け方法について思案中。 壁面上部にピクチャーレールが敷設済みなので何とかこれをうまく活用したいものだが。 額装すればとても楽だが、そういう種類のものではないからなー。

今考えているのは、こういうフック(http://www.rakuten.co.jp/interia-fuji/img1004509702.jpeg)を買ってきて、2,3箇所に取り付け、ピクチャーレールからワイヤで吊るすという方法なのだが、果たしてうまくいくだろうか。

2003-05-31追記:


Kilim Cushion

調子に乗って某リアルショップにキリムクッションを注文した。楽天ショップみたいな「洗練された」インタフェースを備えていないショップなので注文後しばらく放置され、ゴルァメールを書いたところ先方平謝り。

で、ブツが本日到着。(色滲みがあるとかで)キリムカバーを半額にした上、プラスワンリビングのキリム特集別冊を付けてきた。

こっちもなかなか良い感じ。

May 25, 2003

無洗米

近所にピカソができました。とにかく缶は縦に積み上げる、積み上げた結果山ごと崩れても縦に積み上げる、そしてしばしば変形した缶が最上部には積まれる、あのドンキホーテの郊外型店舗らしいです。

無洗米を初めて買ってみました。

時間かかるんですけど、炊けるまでに。おいしく感じてしまうんですけど、時間かけて炊いているせいで。磨ぐ手間が要らないとは言え、それ以上に時間がかかるのは問題、というか問題の先送り。

May 22, 2003

「あやや、アイスティー」

我が家のリスペクトアーティスト・松浦亜弥のCM。Sammy Davis Jr.のサントリーホワイトのスキャットなんじゃないかというもっぱらの噂だったけど、どうもそうじゃないらしい。狙っているのは間違いないにしろ。ほら、一応天下のキリンなわけで。

Britney Spearsが踊るG, G, Tea. Soprano Peach TeaのCMではThe KinksのAll day and all of the night。こっちも頭の中でフルコーラスでループしてくれます。ま、こっちは安直ですが、「ゴーゴー」ダンスと「午後」ティーをかけたわけで、彼女の歌は必要ないというわけでは…。

May 18, 2003

Kilimをもとめて

マンションの白壁が寂しいということで駒場のキリム屋に行ってみた。

…難しい。

値段はともかく、どれを選ぶべきかという明確な指針がない。
何度か通って目を肥やさないと決められないと思うね。

六本木にもキリム屋があるようだ。ということで一年以上の時間差トラックバックをしてみたりして。

[pshige's Type]: 六本木PARS

May 15, 2003

CCGrid 2003国際会議の会場ネットワーク

京王プラザホテルのCISCO Catalyst 6509をルータとして使用できたGGF7とは異なり、ネットワーク設備のしょぼい都市センターホテルでは市販のブロードバンドルータBA-8000Pro (NTT-ME)を持ち込んでほぼスクラッチから会場ネットワークを構築する必要があった。具体的には、B-Flets+OCN IP8のグローバルアドレスを利用してPolycom ViewstationやAccessGridによるTeleconferencingをサポートする一方で、参加者に無線LANによるネットワークアクセスを保証することが目標だった。

最近の「高速ブロードバンドルータ」の例にもれず、BA-8000Proは、Unnumbered IPによってLAN側にグローバルネットワークを設定できるだけでなく、同時にLAN側にプライベートネットワークを設定できる。したがって、ある程度の制限はあるものの、B-FletsのONUにBA-8000Proを接続し、適当な設定と配線と無線LANアクセスポイントを与えれば目標は達成されるはず、だった。

が、もちろんBA-8000Proは家庭・SOHO向けネットワーク製品に過ぎず、特にプライベートネットワークのスケーラビリティの制限がきつい。要するにNAPTテーブルサイズの上限が問題。もっと言うと問題はこのテーブルが何台のPCの利用を充足し得るか事前に予測できないことにある。例えばInternet ExplorerはWebページを閲覧する際にそのページに多数の画像が含まれると、同時に対象の数だけのセッションを(何らかのスロットリング機構があるのかもしれないが)張ろうとし、その数だけのNAPTテーブルを消費する。このファクターを100くらいに見積もれば比較的安全と言えるが、しかしそれでは大したスケーラビリティが得られないことになる。要するにルータのNAPTテーブルが無限に大きいか、ルータに何らかのスロットリングないしQoS機構が備わっている必要がある。まあないものを望んでもしかたがないが。

結局どういうことになったかというと、NAPTのアクティブエントリ数をモニタしながら、そろそろやばいなと思ったら、ルータの再起動を繰り返すということをした。20回くらいはやっただろうか。非常にストレスフルな仕事だった。

May 13, 2003

おニューの炊飯器

突然ですが、うちの炊飯器が壊れました。単にスイッチのところが逝かれただけですが、やはり耐久消費財は機械部品の寿命より電子部品の寿命がネックになりがちですね。

で、重要なことですが、炊飯器はカッコ悪いです。贔屓目に見ても扇風機の次くらいには。家電屋に行ってごらんなさい。鏡面仕上げの炊飯器がありますか? LEDが青く光る扇風機がありますか? ないでしょう。ないんです。だいたい今時の売れ筋の炊飯器はヘルメットというか半端にスペイシィな形状のものが多くて良くないというか率直に言ってグロテスク。せいぜい頑張ってもこういう「かわいい」炊飯器を1ルームマンションのベッド脇に置きましょ的な無理やりなコンセプト商品が限度です。atehacaのrice cookerだって結局は「お釜」というメタファーから逸脱できていないくらいなわけで。

というわけで、これまで何度となく買い替えを検討しようと試みていましたが、買い替えに至らなかったというか、検討にも至らなかったというか。ま、今回唐突に壊れられて正直面食らったわけです。予備知識としては、(1)マイコン制御、IH、IH+圧力、の順でエラい。(2)エラい奴ほどまた容量が大きいほど消費電力が大きい。(3)消費電力が大きいものは早く炊ける。(4)エラい奴ほどまた容量が大きいほど釜の厚みが増し、重くなる。(5)最近は釜がテフロン加工されていてこびりつかないが熱で塗装がはがれ易いため結構短命(3年保証程度)。この理屈ではエラいものほど短命ということになる。

結局買った炊飯器は二人分にも関わらず3合炊きのマイコン制御。無難なものを買ってトレンドの推移を見守るというスタンスで。

May 10, 2003

LotR: The Two Towers

Title:The Lord of the Rings: The Two Towers
Director:Peter Jackson
Year:2001
Place:渋谷東急2
Eval:★

3時間強束縛されるのが嫌でずっと観ずにいたThe Two Towersをようやく観た。話がかなり途中だと思うんですけど。

まあ、いろいろ批判はあると思うけど、SWとの比較で論じるべき映画だと思うね。Anakinの暗黒面への傾倒はFrodoの指輪の抗しがたい魔力への傾倒に対応しているとか。JediがDroid軍団を圧倒するさまは旅の仲間がヘルム峡谷に迫るOrc軍団を蹴散らすさまに対応しているとか。Yodaがクローン部隊を連れて戦局を一変させる展開とGandalfがÉomer部隊を連れてくる展開とか。Christopher Leeの配役の類似性とか。フルCGで実現されたJar Jar Binksが同じくCGによるSmeagolに対応するとか。冒険譚はお約束だけで構築されているわけでこうした類似は必然なのだけどね。

Christopher Leeの出番が少ないのが残念だけど、代わりにBrad Dourifが頑張ってくれたので良しとしよう。DourifのSpontaneous Combustion(邦題「人体自然発火」)は結構面白いよ。誰も彼もが口から火吹きまくるから、「クロスファイア」よりある意味破壊力がある。それはともかく、The Return of The Kingではたとえ乞食同然の身分になっても最後の最後まで二人で頑張って欲しい。

本来のThe Two Towersの途中までしか話が進んでいないので、最終話ではホビット庄の事件やElrond、Galadriel、Bilbo、Frodoの旅立ちはばっさりカットの予感。

そうそう、あのボロい渋谷東急は閉館するんだねー。汚かったからねー。

May 9, 2003

ジャパネット銀行

http://www.japannetbank.co.jp/

連休前にも障害を起こしていたが、アクセス集中が原因と説明した上で、連休中に回線増強を行った。でも、いまだに障害が解消していない。しかも問題なのは実在の店舗がないこの銀行はシステムがダウンすると入金・出金・振込のいずれも不可能で使いものにならないということだ。

そう言えば去年の同じ頃こういうことがあったが、そのケースとの共通項は富士通絡みということ。

CCGrid vs. SARS

来週開催されるCCGrid 2003だが、SARSの影響は深刻だ。

欧米人からすると日本に渡航するのも感染者の多い他の東アジア・東南アジア諸国に渡航するのも大差なく危険に感じられるのかもしれない。白々しい言い訳やあからさまな嘘を言ってでも参加の辞退を申し出ようとする彼らのメールは読み飽きた。本人の健康上の理由で辞退する人が渡米中の松岡さんの目の前でピンピンしていたり、著者・共著者3人とも家族の健康問題を理由にしたり、とまあ滑稽な様相すら見せている。

本邦でも別の問題がある。東アジア・東南アジア諸国からの渡航者に念入りな出国時・入国時検査が課せられるのはテレビや新聞の報じる通りだが、民間の宿泊施設で宿泊を拒否されるケースが出てきている。まったくロシア人船員の入湯を拒否する銭湯並みの了見と言う他なく、だったら入国時の検査は何なのかということになる。政府は早急に外国人渡航者の宿泊を拒否しないように指導すべきだろう。公的な宿泊施設の容量にも限度がある。手を拱いていると人種差別が公然と行われることを許してしまう。

一昨年お世話したReflection 2001の時には例の航空機テロの直後で来日しない参加者が増えて大変だったが、私が関わっている日本で開かれる国際会議は祟られている。そういう電磁波がループコイルから出ているのかもしれない。

May 7, 2003

UTF-8の「~」と「〜」

Movable TypeのBookmarkletやTrackbackの文字化けを回避するためにShift_JISからUTF-8に文字コードを変換したのだが、また例によって『「~」と「〜」』問題にぶち当たった。

「~」はFULLWIDTH TILDE(U+FF5E, EFBD9E)で、「〜」はWAVE DASH(U+301C, E3809C)なのだが、Shift_JISの「~」をWindows付属のNotepadなどを用いてUTF-8形式で保存した場合には前者になるが、MeadowのMule-UCSなどを用いた場合には後者になる。

さらにPerl 5.8.0などに標準で付属しているEncode.pmを使って、

(1) perl -MEncode -ne 'print encode("utf-8", decode("shift_jis", $_))' $src > $dest

とするとWAVE DASHになるが、

(2) perl -MEncode -ne 'print encode("utf-8", decode("cp932", $_))' $src > $dest

とするとFULLWIDTH TILDEになる。

どちらに「すべき」かという問題はしばしば一種の宗教問題の様相を見せるので考えないことにするとして、どちらに「したい」かというと、(批判を恐れずに言ってよいなら)FULLWIDTH TILDEにしたいところだ。なぜなら、Movable Typeには全文検索機能があり、WindowsのInternet ExplorerではTEXTAREAなりINPUTなりに「~」を入力するとそれはFULLWIDTH TILDEと認識され、「%EF%BD%9E」とエンコードされてサーバに送られるからだ。「%E3%80%9C」ではなく。

では、(2)で万全かと思いきや、そうでもない。Perl 5.8.0に付属するEncode-1.75だと、今度は「≒」などの変換がうまくできないようなのだ。Encode-1.93にバージョンアップすると「≒」に関してはうまく行っているようだが…いまいち信用ならない。しかたがないので、(1)と(2)の結果の差分を取ってみて、それがreasonableだったらオッケー、という泥臭いやり方を現在のところ採用している。どうしたものだか。

2004-06-20追記:

FULLWIDTH TILDEで格納してしまっていると、EUC-JPに変換する際に問題があるようだ。FULLWIDTH TILDEに対応するJISコードがないのか、あるいはTILDE(0x8FA2B7)に対応していてそれをWindowsなどでは表示できないのか、定かではないが文字化けする。

もしどうしてもEUC-JPに変換したい場合には、一旦UTF-8からCP932に変換した後にShift_JISからEUC-JPに変換するという面倒くさいことをすればよい。

perl -MEncode -ne 'print encode("cp932", decode("utf-8", $_))' $src > $tmp
perl -MEncode -ne 'print encode("euc-jp", decode("shift_jis", $_))' $tmp > $dest

May 6, 2003

Honda (UK) Accord

Honda (UK) Accord

これ、すごいね。バンジージャンプで大福を食べるより、ずっと大変だったはずだ。

これを観てしまうと日本版アコードのCFはつまらんなあ。

May 1, 2003

かっとびMANSION LAN

我が家に導入されている旧246-net系のFTTHサービスであるマンション246かっとびMANSION LANという形で「かっとび」シリーズに編入。

って、単に名称が変わっただけのような気が…。

ぶっちゃけ、かっとびMANSION LANって、ケーブルモデムサービスのかっとびプラスより出来が悪い、ぶっちゃけ。ルータが古くて性能が「現代的でない」せいだと思うのだけど、NATテーブルを消費するMicrosoft VPNはできないし、SSHのコネクションなんかすぐ切れてしまう。切れるのはいいけど、1時間くらいはもって欲しい。それはともかく、切れたことがすぐに分からないのが何ともお粗末。おそらく、NAT多段構成になっていて、上流側でNATテーブルが溢れないようにコンサバに設定してるせいじゃないかと思うのだけど。

Movable Type

MemorandaのページをMovable Typeに移行してみた。ひとまず移行を優先し、他のページとのVisual的な統合は後々検討することにした。

このツール、本当に良くできているね。シンプルな上に保守性も高い。相互運用性もよく考えてあって、既存のデータを移行するのにもほとんど手間要らずだった。久々にしばらく使ってみたいと思ったツールだ。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com