Oct 27, 2003

Too many Anti-Spam functions!!

私のメール受信環境(postfix + Courier-IMAP)では、bogofilterを使ってSpam/Ham(No-Spam)判定を行っている。「Spam」と判定されたものはIMAPのSpamフォルダに、「Ham」と判定されたものはIMAPのHamフォルダと標準の受信フォルダ(つまりはHamを複製している)に振り分けている。

普段は、POP3で標準の受信フォルダの中身のみを受信する。これで概ねハッピーなのだが、ときどきSpamを受け取ることもあるし、誤ってSpamと判定されたメールを読み落とす危険性もある。そこで、ときどきはメールサーバにIMAPで接続して、判定ミスしたメッセージに関しては、HamフォルダからSpamフォルダへ、あるいはその逆方向にメッセージを移動しておく。もちろん、該当メッセージをbogofilterの学習に使った上で、誤ってSpamと判定されたHamに関しては標準の受信フォルダにコピーしておきたいわけだ。

Maildir形式では移動されたメッセージをファイル名からごく簡単に識別することができる(STとかいうフラグがファイル名に付加される)ので、適当なスクリプトを書いてcronで定期的に呼び出してやれば、これを簡単に実現することができる。POP3が不要なのであればもう少し話は単純だが。

これはこれで使い勝手が良いのだが、最近Norton Internet Security 2004やMicrosoft Outlook 2004にもAnti-Spam機能が付いてきていて悩んでいる。どちらもかなり評判が良い。

ところが、Norton Internet Security 2004に付属してくるNorton AntiSpamのMicrosoft Outlook、OutlookExpress、Eudoraに対するプラグインモジュールはオフにできない。

Norton AntiSpam のツールバーを表示しないようにする方法

ふざけんじゃないわよって感じだが、もっと良くないことがある。このプラグインモジュールの導入がOutlookExpressではうまくいかない、少なくともうまくいかないケースがある。具体的にはOutlook Expressを起動すると、Norton AntiSpam用のフォルダを作ろうと試みて失敗し、Outlook Expressを強制終了し、また再度立ち上げる、の無限ループに陥る(ことがある)。

というわけでNorton AntiSpamには若干懐疑的。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com