Jul 21, 2003

伊東温泉にカピバラを観に行く

連休を使ってハトヤで有名な伊東温泉に行ってきた。

泊まったのは、よく分からないところ。旅の窓口だとイタリアン・オーベルジュということになっているが、上記ページではRistoranteということになっており、さらに実物は「Tiara Grace」と書いてある年季の入ったペンションでしかない。...最初はペンションTiara Graceとして開業、ペンションブームが過ぎ去り切った90年代半ばオーベルジュに宗旨替え、そして2000年代、観光資源に欠く伊東温泉ではそれでも客足は伸びずさらに客単価の低いレストランという業態を選択...という経緯を勝手に想像してしまう。ともあれ1泊2食付ツインが一人当たり11,000円(サ込、休前日)と破格の安さ。

宿泊施設は普通のペンションクラス。料理は一人4,5千円のイタリアンとしては妥当な内容だろう。居心地も悪くはない。しかし、箱根・湖尻のAuberge Aumiradorあたりをオーベルジュの基準にしている人は、圧倒的な落差に打ちのめされること必至である(あそこは過剰仕様なのだが)。

で、なんで伊東くんだりまで出かけたかというと、シャボテン公園に行くため。もっと言うと、シャボテン公園にいるカピバラだけを観るため。


Capybara

カピバラは世界最大の齧歯目、つまりネズミで、南アメリカ東部に生息、体長は130~150cm、体重は50~60kg程度になります。カピバラという名称はインディオのツピ族の言葉で「草原の支配者」という意味。そのあまりに支配者然としない佇まいがギャルのハートを鷲掴みにするようです。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com