May 13, 2003

おニューの炊飯器

突然ですが、うちの炊飯器が壊れました。単にスイッチのところが逝かれただけですが、やはり耐久消費財は機械部品の寿命より電子部品の寿命がネックになりがちですね。

で、重要なことですが、炊飯器はカッコ悪いです。贔屓目に見ても扇風機の次くらいには。家電屋に行ってごらんなさい。鏡面仕上げの炊飯器がありますか? LEDが青く光る扇風機がありますか? ないでしょう。ないんです。だいたい今時の売れ筋の炊飯器はヘルメットというか半端にスペイシィな形状のものが多くて良くないというか率直に言ってグロテスク。せいぜい頑張ってもこういう「かわいい」炊飯器を1ルームマンションのベッド脇に置きましょ的な無理やりなコンセプト商品が限度です。atehacaのrice cookerだって結局は「お釜」というメタファーから逸脱できていないくらいなわけで。

というわけで、これまで何度となく買い替えを検討しようと試みていましたが、買い替えに至らなかったというか、検討にも至らなかったというか。ま、今回唐突に壊れられて正直面食らったわけです。予備知識としては、(1)マイコン制御、IH、IH+圧力、の順でエラい。(2)エラい奴ほどまた容量が大きいほど消費電力が大きい。(3)消費電力が大きいものは早く炊ける。(4)エラい奴ほどまた容量が大きいほど釜の厚みが増し、重くなる。(5)最近は釜がテフロン加工されていてこびりつかないが熱で塗装がはがれ易いため結構短命(3年保証程度)。この理屈ではエラいものほど短命ということになる。

結局買った炊飯器は二人分にも関わらず3合炊きのマイコン制御。無難なものを買ってトレンドの推移を見守るというスタンスで。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com