Jun 29, 2002

エアコン修理

自宅の古い方のエアコン、赤外線リモコンの受光部が壊れた模様。そんなのパーツさえあれば誰でも直せるっちゅーの、という感じだが、この手の耐久消費財もやはり電子部品から壊れていくのだという事実を身を持って確認させられた。

TSUKIJI @ 六本木PIRAMIDE

東急TOPカードから割引券が送られてきたので、六本木PIRAMIDEの3階にある今週できたばかりのTSUKIJIというオイスターバーに行った。

牡蛎とクラムチャウダーはうまいが、それ以外は感心しない。要するにほんの少し贅沢なカフェめしといったところ。インテリアのセンスがバブル期のコジャレ感覚を狙ったものと同じで古臭い。

六本木ヒルズができたらこの程度の店は終わりだな。

Jun 27, 2002

「ボス… さすがです。」

終わっちゃいました。株主総会の直前に1%の株を取得して発言権を得たりとか、400円の株が一日で200円になったりとか、長瀬はいつスーツを買い替えるのかとか(ムショから出てきても茶髪とか)、よくよく冷静に考えてみると

「小塚が若造をニワカ相場師に仕立てて 銀行への私怨を晴らした挙げ句、 罪を若造になすりつけといて自分はトンズラ」

というヒドい話だったのではないかとか、いろいろツッコミどころ満載のドラマ。

「血の通ってない心臓はいらねえんだよ。」
「正義、義理、人情? そんなものは3つまとめて100円ショップに売っている。」

を始めとする数々の名セリフとオーバーアクト、毎回カタルシスを用意できるだけの十分なテンポの良さ、バックに使われるPeter Gabrielのhere comes the flood、変額保険問題への言及など今シーズン最も面白いドラマだった。観てる人が結構少ないのが残念。ビデオ/DVDも出ないらしい。

Jun 24, 2002

月9ドラマ

実は「月9ドラマ」というものを今回初めて通して観た。

ミステリーと言いながら実はイタリアオペラみたいな単純な話で、視聴者の期待するようなジェットコースター的な(「ダイナスティー」的な)展開がないのでおそらく評判は良くないのではないか。

が、私的には面白かった。というのは、記号の使い方が。内容が少ない分記号が強調することに時間が割かれている。

例えば、兄妹の「火傷痕」。罪に対する罰、怒りを象徴する。「罪」は自身の犯した犯罪、父の犯罪、近親相姦の罪とドラマが進むにつれてその意味が重層化される。

「湖べりの鳥居」は、歪んだ秩序や信念、記憶を象徴する。湖は罪を浄化する場、ボートは彼岸へと向かう乗物。

「饂飩屋」は刑事の過去の職業。従って饂飩を執拗に食べる行為は、過去への執着や、語れないが忘れ得ない記憶の存在を暗示している。

そういうわけで結構凝った脚本を書く北川悦吏子はなぜか岐阜県出身(ニヤリ)。

Speculative Computation

Speculative Computationネタ。私が卒論でやっていたネタそのもの。

私が93年当時やっていたのは、MTアーキテクチャ上で動作する典型的なプログラムの実行では開始時近辺や終了時近辺ではスレッドの稼働率が低下するという事実に着目して、その余剰スレッドをPrecomputationリソースとして利用して投機的にメモリをprefetchするというもの。

シミュレータを作って評価もした。ちゃんと論文にしておけばなあ…。

Jun 22, 2002

HIS目黒

目黒店が昨日オープンしたのでEDI行きのチケットを買いに出かけた。駅からすぐの結構便利な場所にあった。時節柄、NHやLHはもう無理でVAAしか取れず。いや、マイレージ的には嬉しくないが一度乗ってみたかったわけ。新規オープン記念ということで牛角の3000円割引券や粗品をもらって研究室に戻り、いやー便利なところにHISができたねと感想をもらすと小松が一言「自由が丘にもありますよ、H.I.S.」。え? え? そ、そうなの? だまそうとしてる?

で、夜は牛角。3000円の割引券は珍しいらしい。レインズ・インターナショナルの株主優待で配る券と同じなんじゃないかな。いや、株主優待券は5000円だったかな。

Jun 19, 2002

Copen

99年のモーターショーモデルKopen(軽+オープン)がCopenという名前で発売。

この手の車が作られた90年台初頭と比較すると、デザイントレンドとしてはフロントガラスが寝ていることが必須になってきているため、軽の横幅の短さも合間って、乗員はかなり窮屈そうに見える。

前後対称に作ろうとした意図が見て取れるが、結果としてリアの意匠はニュービートルに似てしまった。それでも欲しい一台。WBSで見てたら月産500台と言っていた。TOYOTAブランドでTOYOTAの工場で作ればいいのにね。

Jun 13, 2002

「マンポ」問題・解決編

「マンポ」って知ってる? 実家のある町にある、東西に横断する県道の下をくぐる歩行者用トンネルの呼び名なんだけど。方言であることが判明。「マンプ」と呼ぶ地域もあって、(1)手でトンネルを掘り延べ1万人歩かかったから「万歩」、(2)鉱山などの坑道を「まぶ」と呼びこれがなまったもの、という二つの説が割に有力。もっと有力な説、希望。

Jun 9, 2002

べっぴんさんふきあげクロス

2、3年前からずーっと放置してあったフランス娘の屋根部分に付着した油膜汚れというか糞汚れ。

べっぴんさんふきあげクロスで水拭きすると案外楽に落ちることが判明。べっぴんさんの(クロスではない)スポンジの方を使うと塗装が剥げ落ちそうなのだが、クロスの方は粗さが適度であるためか、汚れだけを剥ぎ落とすことができるようだ。

しばらく使ってみよう。

Jun 8, 2002

Table Modern Service@自由が丘

自由が丘の牛角ビルの3階にある、酷い名前のカフェ。酷い名前だが、1・2階はベルコモンズにもあるCIBONEが入っていることもあり、アクリルポップ家具満載、犬入場可で、ヨーシ、mark de clive-loweあたりを大きめにかけちゃうゾーって感じの「お洒落スポット」であるらしい。従って、一人ではとても入りづらい店である。というか、林くんに「夜限定」で挑戦してもらいたい店である。しかし、重要なことはそういうことではないのだ。23時で終わってしまう町・自由が丘にあって、この店はなんと28時まで開いている(22時以降は10%のテーブルチャージが付加される)。

そう!! そう、そう、そうなのだ!! 喜べ、若人よ!! もはや我々は23時きっかりに閉まるエクセルシオールに 舌打ちしながら、マイアミの階段を登るという、 あの絶望的な選択から開放されたのだ!!

しかも妙に安い。コーヒー1杯300円だが、2杯分のポットを頼んでも500円。もちろん、それなりのものしか出てこない。

Jun 7, 2002

12か月点検

(気のせいか)BL目黒サービスがえらく親切になって、点検の進展状況や整備にかかる費用を前もって丁寧に教えてくれるようになった。点検の基本料金も2000円値上がりしたが、それもこれも大衆化の反映なのだろうか。ウォーターポンプもタイミングベルトもドライブベルトもブレーキも問題なしのようだ。この春に二度ほど上がったバッテリは容量が半分くらいになっているようなのだが、これも単に充電で済むようだ。本当に? 来年の車検は祭りの予感がする…。

結局、フューエルホースが洩れ加減(時々ガソリン臭がしていた)だったので交換、エアフィルターも交換くらいで、ブレーキもタイヤも長持ちしていて気味が悪いくらいだ。ついでにオイルエレメントも購入してみた。3年くらい前に購入したときは1個1600円もしたのが、いまや900円に。デフレ…じゃなくて大量輸入販売によるコストダウンの恩恵を感じた。

Jun 5, 2002

オオサワ様へのメッセージ。

「また酔っ払って交番で保護されたそうですね。渋谷警察署の警官の方から、オオサワ様の携帯電話にわたくしの番号が入っていたとのことで、2度も身元確認の電話をいただきました。その後お加減はいかがでしょうか。時節がらついつい深酒したくなる気分もお察しいたしますが、もう歳も歳なのですからできればご自愛ください。そうそう、申し遅れましたが、わたくし小川宏高と申します。大学で教員のようなことをやっております。確か…オオサワ様…とはご面識はないはずと存じますが、差し支えなければお教え頂けませんでしょうか。わたくしの携帯電話の番号をどうやってお知りになったのか、を。」

Jun 4, 2002

ハムスターズランチ[ひま種]

Penguin's Lunch、改めHamster's Lunch開始。今度は12種類で、ハム餌はモチ米100%のあられ。フィギュアはお腹まわりがリアルに作られていてグロめなbad taste。Penguin's Lunchセカンドシーズンは6月24日開始らしい。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com