Apr 28, 2002

林家、147納車

早速いろいろ警告灯が点いているらしい。まあ、ダメ出しは保証期間中にすれば良いわけだから。船の進水式みたいにシャンパンのボトルを車の縁に叩きつけてとりあえず最初の傷をつけてみる納車を祝う儀式はしなかったらしい、期待してたのにー。ちなみにこのシャンパンの儀式、由来が結構グロい。昔は丸太じゃなくて奴隷を下敷にして進水を行い、その血のイケニエで船の安全を祈願した。それがやがて赤ワインに変わり、今ではシャンパンが使われるようになったもの。

2002-04-29追記:

擦ったか、擦るよな、普通。でも早すぎ。しばらく傷を蓄積し、ボーナスが出たらがつんと直せばいいんです、がつんと。それとフルカバーの車両保険に入っていたとしても、板金・塗装程度の修理を保険で直すことは絶対に損になるので考えてはいけません。だいたい最初の保険だと免責額が6万くらいに設定されていて、修理代は(Blue Lion並に割高だと思うと)8万くらいが相場だから保険がカバーしてくれるのは差引2万。にも関わらず、今後ずーっと割高な保険料を払い続けなければならなくなります。それはともかく、中古カローラでは擦ること痛みが分かりづらいので不可。中古カローラでも黒メルセデスに擦り付けた場合は可。

Soft99みたいな液体コンパウンドも買っておくと確かに便利でしょう。が。むしろ林家にはテレコンワールドでもお馴染みのGS27スクラッチリムーバーをぜひ試してもらいたいところです。GT88という製品も。

2002-05-06追記:

林家147で東工大構内を走ってみた。2リッターのせいもあって静かで安定しているにも関わらず、鼻先がとても軽快でスパスパ曲がる。スパスパ曲がるが重ステで、安定しているがエンジンはガサツなうちの306と比較すると、プレミアム感というか格が随分高い車だった。とてーも欲しくなってしまったが、206ccのようなチャラい車の方が私には分相応という気がした。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com