May 24, 2001

Microsoft Money 2001

Microsoft Money 2001を3ヵ月間使用し続けることに成功したので感想を少し。

通常の家計簿ソフトは、単に出納表をベースに拡張したものであり、まあ言ってしまえば、Palmの「支払メモ」を高級にしたものに過ぎない。それに対して、Microsoft Money(あるいはIntuit Quicken)がユニークなのは、各種のプランニングツールによる過剰な演出に惑わされて見落としてしまいがちだが、会計ソフトをベースに個人向けにカスタマイズして家計簿風に見せたものだという点だ。

だから例えば、出張などで旅費を立て替える必要がある場合、立て替え払い経費用の現金口座を作り、現金・預貯金口座からこの口座へ必要な経費を資産間移動し、経費が拠出されたら経費用口座から現金・預金口座へと逆方向に資産間移動する。経費の使用額と拠出額に差額が存在する場合には経費用口座上の特別損益として計上することで通常のキャッシュフローとは分離しておく。とかいう会計システム風の使い方がいとも簡単にできてしまう。

それにしてもこのソフトはバグが多い。特に複数通貨の資産の扱いがまるで駄目だ。英語版には修正パッチが出ているのに日本語版にはまったく出ていない。例によってMSKKの怠慢か。

May 22, 2001

はじめての車検

6月に車を買ってしまったせいで、毎年、自動車税と任意保険と整備の支払いが同時にやってきてしまうのは痛いのだが、今年はそれに車検費用が加わる。いたたた。

で、一昨日車検のためにBL目黒に入庫した。そして今朝9時に早速いつものメカニックの人から電話がかかってきた。

「ウォーターポンプに水漏れの跡があるんですが、念のために交換しましょうか。交換するのであれば、どうせばらす必要があるので一緒にタイミングベルトとドライブベルトも交換しましょうか。」とのこと。セットで取り替えるのは非常に理に適っている、それは分かるが、ウォーターポンプはいきなり大物すぎる。

どうしよう、まずい、まずすぎると思っていると、「大体15万円くらいになります。」とトドメの一言。そんなの払えるはずがないというか、払うはずがない。おそるおそる「もうちょっと安く済まないんでしょうか」と聞いてみると、「そうですね、交換しないでシーリング剤で処理するという方法もあります。これだと7万くらいで済みます。」とのこと。

結局、クーラントも減っているわけでなし、水漏れしたのは随分前のことなのではないかと思われる(自信はないが)ため、シーリング剤での処理をお願いした。

他にはフューエルフィルタを止めているバンドが切れかかっているとのことでこれも交換。

計数つながり

テレビ東京のWorld Business Sateliteの「今日のトレたま」コーナーで、計数の同級生の河原くんがあわすとで~るで取材されていた。塩田アナに会えていいなあ。

同じく計数で同期だったK森くんが数理・計算科学の助手としてやってくるようだ。人事の話なので一部仮名に変更させていただきました。

May 14, 2001

Mouse Hunt

Title:Mouse Hunt
Director:Gore Verbinski
Year:1998
Place:レンタルビデオ
Eval:★★

コンテに無駄がない。この事実だけでも評価に値する。が、私には皆目見当が付かないのは、いったいこの映画のシナリオはどうやって着想したものなのかということなのだ。まったく素晴らしい。プロダクションシステムや時間配分を考えれば、ネズミを使ったドタバタ喜劇にすることは最初から決まっていただろう。すると、ネズミ→古い家→古き良きもの→…→撚糸工場、という順に着想を進めたのだろうか。撚糸の象徴するものは古き良きものであると同時に兄弟の絆でもあるが、撚糸工場で毛玉チーズを作るというアイディアはどうやったら思い付くのか。ワンアイディアで作られている映画が少なくないことを考えれば、その量と質が全然違う。

上で「古き良きもの」と書いたが、この映画を通じて繰り返し述べられているのは、古き良きものを大事にせよ、そうしないと罰が当たるという教訓だ。この物語に登場する父親も工場も、そして古屋も「古き良きもの」である。それを大事にせずに付け焼き刃的に利用しようとしてもことごとくうまく行かない、うまく行かないどころかこっ酷い目に会わされてしまう、たった一匹の、古屋であたかも神のように振舞う、ネズミのために。やがて全てを失った兄弟は最後にはネズミに教えられて安定した生活を取り戻すのである。

さて、これだけでは見方が一面的である。この物語は別の意味もある。冒頭で兄弟の担ぐ(父親の入った)棺が階段を滑べり落ち、霊柩車に衝突したかと思うと遺体が空中に舞い上がり、開いていたマンホールに落ちて暗闇に流れて行ってしまう。兄弟は慌ててマンホールをのぞき込む。遺体が象徴するものは存在である。このシーケンスは存在、父の存在、言い替えれば自我の一部が損なわれる言いようのない不安を意味しているのであり、兄弟はこの喪失感を充足させるために奔走するのである。手近なものに奔走した結果は惨澹たるものだったが、ネズミに教えられた方法で自我の喪失を回復することに成功する。結局、物語が言っているのは、自我を喪失した時には慌てふためいて右往左往するよりは、自己を見直すという別の方法をとった方が良い結果が得られるということだ。

May 9, 2001

Space Cowboys / The Legend of Bagger Vance / Men of Honor / 102 Dalmatians

Title:Space Cowboys
Director:Clint Eastwood
Year:2000
Place:ANA
Eval:

Tommy Lee Jonesはもうジジイなのか、いったい。Clint Eastwoodの出演シーンのみ演出が的確なのに、他は全然駄目でエピソードも不足してるのはなぜ? James Garnerなんか何のために宇宙に行ったんだか。西部劇のイディオムが散りばめられている点は面白いので評価してもいいが。Belmondo、DelonのUne Chance Sur Deuxに比べて、圧倒的に色気が不足している。


Title:The Legend of Bagger Vance
Director:Robert Redford
Year:2000
Place:ANA
Eval:★

Robert Redfordは上質で大衆受けしそうな脚本ないし原作がないと映画を作らないが、この映画もそれが当てはまる。彼の映画がそこそこ評判が高いのは、脚本の選び方とお金を使ったスタッフワークが一定以上の水準を保っているからだろう。まず脚本はどうか。当然のことだが、この映画は単にゴルフプレイヤーの話なのではなく、挫折、自己喪失、自助努力といった人生上の問題をゴルフプレイに準えて観客に説明し、かつ観客に「フェアなゴルフプレイのような生き方」に関して自省を促す。「文芸」作品としては王道である。スタッフワークもそつがない。セット・衣装も撮影も問題がない。強いて言えば、ジュナが戦時中に受けたShell Shockについて十分な描写がないということくらいか。Will Smithのような俳優出身でないタレントを、単に自然に振舞わせるだけで、ジュナの良心の精霊役に効果的に使っている点も評価できる。だが、つまらない。なんなんだろう、この形容しがたい感覚は。


Title:Men of Honor
Director:George Tillman Jr.
Year:2000
Place:ANA
Eval:

努力・友情・勝利。テーマを正しく描けているという点で瑕疵はないが、決定的な欠点は、「ダイバーがどんな訓練を受けるのか」「潜水服はなぜ重いのか」と言った基礎的な、あるいは科学的な知識を映画がまったく伝えないために観客がこれらの疑問を想像で解決するしかないという点である。クライマックスが盛り上がらないのは、要するにそのためである。


Title:102 Dalmatians
Director:Kevin Lima
Year:2000
Place:ANA
Eval:

子供向け映画なわけだが、動物がしゃべる映画って周りの人物をちゃんと描けてないと悲惨だね。

May 7, 2001

朝パラ

近所の中学校は体育祭の練習を4月から始めているようなのだ。今朝は「女子体操(おゆうぎ)」としてのパラパラ。ミッキーマーチやEvery Little Thingの曲で踊っているのだが、「はい、はい、はい、はいっ! そこの三年生っ!! ここでもっと声を出すっ!!」とか拡声器で叫んでいるのは多分先生。中学校は時間の進み方が違う。

May 1, 2001

Gran Turismo 3

GRAN TURISMO 3

早速買ってきました。A-specというのはダサダサなので止めてもらいたいものだ、「俺の塩2000GT」みたいに本気で狙ってる場合ならともかく。

Aerosmithの(というよりRUN D.M.C.の)Walk This Wayの出だしみたいなファンファーレが妙に耳について心地よい。

File Operationの機能が素晴らしい、ナイスです。標準のフラッシュメモリ管理ツールだと消せないファイルもがつんと消せる。某Neo Atlas 3というソフトはしばらく遊んでいないとすぐファイルを壊してしまうのだが、壊れ方が酷いためか標準のツールでは消せなくなる。

喜び勇んで再起動、が…。??。?!。…。思いっきりGT3のデータ壊れやがった。Clubman CupでGold, Gold, Bronzeまで行っていたおいらの赤ハチロクがー。やっぱり、メモリカードがしぼーん。全然ナイスじゃなかった…。

そういうわけで、赤ハチロクをもらったほとんど直後の時点まで先祖返り。ちくちく小銭を稼いでClubman Cupは終了。緑Eunos Roadstarをもらったが、チューンした1.6とチューンしてない1.8の間でちょっと悩む。

以前のGran Turismoシリーズではできた、しょぼいレースでデミオ、ロードスターをもらっては即売り、しめて120万G也というショッパイ技を使えなくしてあるので、新車をおいそれと買えないのだ。

ちなみに、オイル交換すると馬力が増える(回復する?)ようだ。金欠なのでおいそれとできないが。

2001-06-21追記:
ちょっと前だが、アマチュアリーグのVitz Cupで総合優勝したら、ふつーのVitzがもらえた。ただし、ピンク。もらった2台のVitzがなぜか両方ともふつー、かつピンク。プレゼントカーは売らないつもりなので今うちのガレージはかなり嫌な感じだ、イロドリ的に。自分で最初に買ったVitzが金色のせいもあるが。今、Audi TT Cupに取り掛かっているのだが、どうも嫌な予感がする。

2001-06-22追記:
Audi TT CupもやっぱりただのAudi TTがもらえるのだった。で、Cupものの景品は何度でも手に入れられることが分かった。しばらくここで一周300万強ずつ稼ぐことにする。とりあえず、NSX Type Rを買って、Type Rミーティングを済ます。


07/08 チクチク続けています。達成率がようやく25%に。

07/10 チクチク続けています。達成率がようやく30%に。

07/12 チクチク続けています。達成率がようやく35%に。面倒なことにアーケードモードも達成率に寄与しているようだ。

07/14 チクチク続けています。達成率がようやく40%に。

07/20 チクチク再開。達成率がようやく45%に。ラリーライセンス取得。

07/21 チクチク続けています。達成率がようやく50%に。ラリー終了。国際A級取得。

07/22 チクチク続けています。達成率がようやく55%に。アマチュアリーグ終了。耐久レースで手に入れたF090/Sのせいでバランスがめためたに。90年型McLarenらしい。

07/22 チクチク続けています。達成率がようやく60%に。

07/22 チクチク続けています。達成率がようやく65%に。ひたすらArcade Mode。

07/30 チクチク続けています。達成率がようやく70%に。

08/02 75%。91年のLe MansのカラーリングのMazda 787Bがもらえた。アーケードモードのシングルレース終了。

08/12 80%。Professional Leagueともなると、シリーズレースの各レースがショートサーキットで20周、ノーマルサーキットで15周という規模になってきていて、一戦あたり20~30分、全10戦ともなると3時間くらいは要する。耐久レース一つ分よりも時間がかかるということになる。

08/15 85%。スーパーライセンス、とんでもなく難しいんですけど。

08/25 耐久、全10レース終了。終了はしたものの、いまだ達成率90%に届かず。

08/27 90%。が、嫌な予感がする。今までトロフィー1個あたり0.2%ずつ達成率は増加していたはずだが、残りのトロフィーは43個しかない。ということは、Professional Leagueを終わらせてもまだやるべきことがあるということだ。やっぱりライセンス全ゴールドか、Arcade ModeのTime Attackか?

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com