Feb 27, 2001

因果応報

試験監督で無理をしたせいか、ひどい風邪をひいた。でも、

「小川さんは、30歳になったのがかなりショックだったらしく、家で寝込んでいるらしい」

と言われるのは相当にであり、その可能性を零にすべく、断固とした態度で出勤。

予想に反せずひどくなった。

Feb 25, 2001

誕生日イベント

白金台駅から早田くん宅を横目に目黒方面へ下り、庭園美術館へ。旧朝香宮邸の外壁がいつのまにかクリーム色というかアイボリー色に改装されたせいで、内装との調和は取れているが、ただのアールデコの洋館になってしまっていた。それはともかく、MoMAでの展示以来注目を集めているこのロシア・アバンギャルドの展示(平たく言うと大戦前のロシアのプロパガンダポスターの展示)としては比較的入門的な内容だったが、コンパクトにまとまっていて分かりやすかったし、保存状態も大変良かった。

その後、約9年ぶりに下北沢カウボーイに行ってみた。まずはベガス。場所が移動してしまっていて、「殿様の野望」がプレイできたようなかつてのナイスに渋い品揃えは損われてしまったようだ。寂しい。意気消沈しつつ、辺りを散策して街の変貌を目のあたりにした後、カウボーイへ。こっちは何も変わっていない、オジューに加えてトマジューが導入された以外は。迷わずワンパウンド。粗悪な肉にも関わらず意外においしい、ワインはひどくまずい、そしてホーローのカップに入れられているためにいつも飲みづらいコーヒーは限界まで薄くて味がない。

Feb 24, 2001

Albino Alligator / Grosse Pointe Blank

Title:Albino Alligator
Director:Kevin Spacey
Year:1996
Place:レンタルビデオ
Eval:★

低予算映画だが、キャスティングが大変正しい。あの「ミスター阿呆づら」Matt Dillonが阿呆な主人公を期待通り演じてくれる。奴の唯一の正しい起用方法だ。もちろん、脇をかためるFaye Dunaway、Gary Siniseの方がDillonよりはるかに存在感があり、クレバーな演技を見せる。Gary Siniseはやっぱりいいね。Mission To MarsはRazzie賞とっちゃうかもしれないけど。


Title:Grosse Pointe Blank
Director:George Armitage
Year:1997
Place:レンタルビデオ
Eval:☆

John CusackとかMinnie Driverとか、キャストは豪華なんだが…。

Feb 15, 2001

Medeski, Martin, and Wood @ Shibuya AX

Shibuya AXでOrganic GrooveのMedeski, Martin, and Woodのライブ。

なんだか大サービス。2セット+アンコールで12,3曲演奏していた。Medeskiがハモンドの取り扱いに神経質になっていた(黒子さんが演奏中もゴソゴソやっていた)感じで、そのためか荒れ気味な演奏がJamらしくて良かった。

Shibuya AXは去年の12月にできたらしい代々木体育館そばというか中の敷地にある小屋。いかにも即席っぽくって箱の作りもステージも安っぽい上、スタンディングで1500人も入ってしまう広さだが、それを補うためにV-DOSCが馬鹿みたいな音量を発する。初めて見たよ、あんなの。

Feb 11, 2001

The Watcher

Title:The Watcher
Director:Joe Charbanic
Year:2000
Place:Cine Citta
Eval:

「Kianuに魅力的な殺人鬼を演じることは可能か?」

わざわざ問うまでもなく「不可能」である。この映画でも、期待外れというか期待通り、彼は阿呆づらで退屈な殺人鬼だった。しかも、フォローするはずの被害者おねいさん陣はどうかと言えば、どいつもこいつもてんで魅力がないときている。監督はDavid Fincherフォロワーらしい。もっとも初期のFincherよりアイディアが不足気味らしく、他の映画で観たような設定やカット、MTVで頻出の夜景や夜景や夜景が目白押しで、これまた退屈、イタリアンホラーのように過剰な悲鳴サービスも出血サービスもない。ほとんど唯一の救いは、Detective側のJames Spaderの病的な所作。Cronenburgの「Crash」以来、私の中での彼の評価は決して低くないので、こんなカス映画での主演は残念でならない。

Feb 10, 2001

Saturation Add

MMXがある現代においては普通、paddusb。一方が固定ならテーブルルックアップでもいい。

…とふざけただけなのにチョイ切れされちゃったー。気休めだけど、カットオフ用のマスクを0x00fefeffにしておく? 気休めだけどね。saturation addを2バイト同時に行うのにx86では最小7命令かかります。3バイトsaturation addを、(7,7,8)または(7,7,7)ビットに丸めてしまうことで、+2命令で済ます福地案で現実的には問題ないでしょう。

 ; 2bytes                 ; 3bytes(fukuchi)
                        => and eax, 00fefeffh
                        => and ebx, 00fefeffh
 add eax, ebx           => add eax, ebx
 mov ebx, eax           => mov ebx, eax
 and ebx, 01000100h     => and ebx, 01010100h
 mov ecx, ebx           => mov ecx, ebx
 shr ecx, 8             => shr ecx, 8
 sub ebx, ecx           => sub ebx, ecx
 or  eax, ebx           => or  eax, ebx
(and eax, 00ff00ffh)    =>(and eax, 00fefeffh)

Feb 3, 2001

RKO 281 / 三月のライオン / Sevillanas

Title:RKO 281
Director:Benjamin Ross
Year:1999
Place:レンタルビデオ
Eval:

凡庸。ハーストの情婦で女優のマリオン・デイヴィスを通して、映画ファンからは悪党呼ばわりされがちなハースト側の主張を少し描いているあたりは評価すべきなのかなあ、「少し」だけど。「バトル物」としては絶好のネタなだけにまったく食い足りない。


Title:三月のライオン
Director:矢崎仁司
Year:1991
Place:レンタルビデオ
Eval:

なんじゃこれ? 駄目なものは駄目。テーマは希薄だし、ちゃんと撮れていない。スタイリッシュですらない。金返せ。唯一意味がありそうなのはラストシーンくらいだが、いったい妄想なのか現実なのか。Les Enfants Terriblesの方が1000倍まし。


Title:Sevillanas
Director:Carlos Saura
Year:1992
Place:レンタルビデオ
Eval:★★

Sauraだけあって光と影の使い方の過剰さ加減が素晴らしい。一時間足らずで終わってしまう短さや衣装の隙のなさもgood。こういう伝統芸能のライブ映画はやっぱり録音が難しいね。

Feb 2, 2001

新型プリメーラ

日産は大変に頑張った。パリのショーモデルFusionに意外に忠実(フロント・リアの曲線が対衝突性のために凡庸に、フロントライトの形状が最近の日産車のアイデンティティに忠実に即ち下品に、なった)なので市販車のデザインとしては斬新さがある。今の日産ならRenaultのジュネーブショーモデルKoleosを製品化できるかもしれない。

しかし、内装のリモコンの紹介から始まるプリメーラのCMはインパクトが弱すぎる。このルックスを日本人に売り込むのに成功しているとは到底思えない。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com