Jan 28, 2001

rotatebox

LaTeX2eのgraphicsないしgraphicxパッケージにはrotateboxというマクロが含まれている。以下のように使う。

\documentclass{jarticle}
\usepackage[dvips]{graphicx}
\begin{document}
  \rotatebox{30}{30度斜に構えた高宮}
\end{document}

要するに、横に長い表でも90度回転すると1ページに収められるかもしれないぞ、と。

Dancer in the dark

Title:Dancer in the dark
Director:Lars von Trier
Year:2000
Place:Cine BE
Eval:★★☆

ミュージカルである。ミュージカルであるが、物語は通常の「希望」をテーマにした類型的なミュージカルとは程遠い悲惨さである。息子の手術代を稼ぐためにアメリカに移民して工場で働き、さらには内職までして稼いでいるセルマが不本意にも殺人罪に問われて、死刑になる話だからである。救いの欠片ももない。この映画を観てもらい泣きしない人の多くは不快と感じていても不思議はない。

物語におかしな点もいくつかある。ことの経緯からすると、一人くらいはセルマが金を取ろうとしたことに疑問を感じてもおかしくはない。不倫を理由に借家を出ていくように言われた直後に金を盗る人がいるだろうか。セルマに同情を寄せる女性看守は、その理由は子供がいることだけなのだが、子供がいる他の囚人にもいちいち同情するのだろうか。死刑になった後では後悔するに決まってるんだから弁護士は支払いはともかく引き受けてしまうべきだろう。もっと問題なのはセルマの人物描写が不足していることかもしれない。そのため共感も同情もしにくいかもしれない。

それでも私はこの映画を評価する。一つは演出に関してだ。既存のミュージカル映画は歌劇の延長で作られているため、普段の台詞回しに繰り返しや押韻など音楽的な要素を散りばめておくことで歌への移行をスムーズにするという方法を取る。が、この映画ではかなり違った手法をとっている。通常の場面は、手持ちカメラを用いて構図を常に不安定にしてローファイに撮られており、編集上もリズムを切断するような中抜きを多様しており、かつ自然音を比較的大きめに入れている。要するにドキュメンタリーの撮り方である。歌への移行はこの自然音にトリガーされるのだが、歌の場面では通常の場面とは逆に、設置カメラでミュージックビデオさながらのクオリティで撮られる。したがって、さっきまでロケだとばかり思っていた工場や線路の場面が突然ステージに変化するという驚きを何度も味わうことができる。

もう一つは映画のテーマに関わることだ。この映画のテーマは救い難い現実を描写し、「夢を見るな、現実に絶望せよ」と主張することだろうか。もちろんそうではない。そうではなくて、真のテーマは「人生は短い。それゆえ我々に見えるものはわずかであり、見落としがちな危険が常に目の前にある。だからこそよく刮目して見よ。」という寓意だ。そう考えるとセルマはいわば観客自身の良心のメタファーであり、したがって、先に述べた人物描写の不足もむしろ必然であって実は批判すべき点ではないのだ。この認識に到達しうるかどうかが評価の分かれ目になる。観客に対してかなり挑戦的な映画だということだ。

最後に、かつて輸入版を買い漁るくらい私のお気に入りだったこともあるお姫様。まあ、ただのおばさんなんですが。獄中での「My Favorite Things」には私でも思わずほろりと行きそうになりました。それにしても、カトリーヌ・ドヌーブ、2056ドルと10セントくらいなんとかならんかったのかいっ!!というのが正直なところ。

Jan 19, 2001

ぱくりゲー

M岡さんが1500円でDreamcast用のSega GT Homologation Specialを買ってきたのでやらねばならない。

ゲームシステムがグランツーリスモ1,2のまんまなので、次のグランツーリスモまでのツナギに最適。まったくタックインの効かないFF車の挙動がかなり怪しい。

Jan 13, 2001

登山列車でGo!

今日明日と箱根で両親の結婚30周年イベント。

明日の午後から神奈川県西部は雪が降る模様。箱根行きに車を使うのは断念して、武蔵小杉~(南武線)~登戸~(小田急小田原線急行)~小田原~(箱根登山鉄道)~強羅~(ケーブルカー)~早雲山~(シャトルバス)~ホテル、という長い長い経路を辿る。箱根の冠峰楼泊。

車で来るんだった…。

Baume & Mercierの時計は気に入られたようだ。ちょっと若向き過ぎやしないかと心配したが…。


帰りは、大涌谷から富士山、成川美術館、雪にstuckしまくる車、などを観る。

小涌谷~(箱根登山鉄道)~小田原~(東海道線)~真鶴。義祖母宅を訪問して夕食をご馳走になる。真鶴~(東海道線)~川崎~(南武線)~武蔵小杉。

Jan 9, 2001

BeRLiN / Stuart Little

Title:BeRLiN
Director:利重剛
Year:1995
Place:レンタルビデオ
Eval:

松田美由紀、岡村隆史、鴻上尚史、大島渚、鈴木史郎など豊富な友情出演者がうれしいが単にそれだけ、中谷美紀以外見るべきところがない映画。テーマだって中谷美紀の歌から採ってきてそうな安直さだ。(劇中カメラで撮っている)白黒部分=虚構部分、カラー部分=現実部分という区別は何となく分かる。次第に虚構にinvolveされていってしまう現実の人々ってのも何となく分かる。分かるんだけど、ラストシーンでは、それまでずっと虚構の存在だった「きょーこ」が出てきて結局ろくに正体も明かさない内に終わってしまう。「はぁ?」って感じ。圧倒的に説明不足。まあ、利重剛だもんね。助監督の青山真治の方がまだまし。


Title:Stuart Little
Director:Rob Minkoff
Year:1999
Place:レンタルDVD
Eval:☆

去年Milan行きの飛行機の中で観たので二度目。CGのできの良さを再確認。

Jan 6, 2001

新春の買い物

時計を買いに二子玉川高島屋へ。やっぱり田舎のデパートだ。先月24日に一つしかなかったカタログが今は一つもないって、本当に売る気があるのだろうか。こういう日は深追い禁物。アッチャカーナでカレーだけ食べて帰る。

追記:
翌日、目的を果たすべく銀座三越へ。やっぱりデパートは辛い。ダメな商品がダメな感じでディスプレイされていて購買欲をまったく刺激しない。そのくせ、とても人は多い。時計はとりあえず輸入元に問い合わせ。金曜までに本当に間に合うのだろうか?

さらに追記:
時計2個、無事発注完了。イベントの直前の金曜日午前に銀座三越に入荷するとのことでぎりぎりセーフ。

Jan 5, 2001

年賀状

書くのを忘れていたのだが、高校の同級のi藤くんという子から実家宛てで年賀状が届いていた。一年生の時に映画の脚本を書いてくれたのだが、これがまた出来がひどくてスタッフが苦労したことくらいしか私は彼について記憶していない。問題は年賀状だ。顔写真の傍らにこれまでの(学年代表でどーのこーのとか口幅ったい情報付きの)学歴が書いてある他に、細かい字で「趣味・嗜好」が書き連ねてあってどれも鼻白むものがある。要するに、自意識過剰ぶりが極まり切っているのだが、この年賀状になんと返事をしたらよいのだろう。

Jan 3, 2001

初雪

昼間はボウリングなどで時間をつぶす。とりあえず深夜になって渋滞が解消してから川崎に戻ろうと目論む。が、昼間はぱらぱら降りだった雪が夕方から本気で降り始め、出かけるころには車に5~10cmくらい積もってフロント・リアガラスが凍結してしまった。ちと焦るが、速度規制区間をものともせず5時間弱で無事帰還。

Jan 2, 2001

実家にパソコン一式もろもろ導入。

大晦日にGIGAS岐阜店で購入した実家PC、ThinkPad i 1200 (1161-71J)に合わせて、今日はプリンタとMicrosoft Office 2000 Personalを購入。

プリンタも小さい方が良いということなので、BJ M70にした結果、ThinkPadと合わせると妙にクールなセットになってしまった。

ダークスケルトンのUSBケーブルで統一感を演出する予定が、お店の人がプリンタのおまけとして白いオフィスカラー(というか灰色)のUSBケーブルをサービスしてくれてしまった。見事に計画倒れ。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com