Sep 20, 2000

Noz W Wodzie / Little Voice

Title:Noz W Wodzie
Director:Roman Polanski
Year:1962
Place:レンタルビデオ
Eval:☆

「そういえばヨットって水の中を走るナイフみたいだよね」的な少女漫画のテーマを決めるときにも似た安直さを楽しめ。


Title:Little Voice
Director:Mark Herman
Year:1998
Place:レンタルビデオ
Eval:

「歌のお姉さん」伝説かと思いきや…。

Sep 15, 2000

Dynabook SS3480

栄くんのSS3010のLCDが死んだ結果、私へのSS3480の委譲が早まることになった(X20→松→SS3480→小→SS3380→栄→SS3010→修理)。そんなわけで、普段使ってるデスクトップマシンより相当速いPentium III 600Mhz (SpeedStep)、192Mb memoryが思いがけず私の手に転がり込んできたわけだが、しかしこのマシン、フロッピーディスクがないために、どうしてもWindows 2000 Englishがまっさらな状態からインストールできない。速さと快適さは両立しないのね、この場合。

このDynabook SS3480、コントロールボタンのスイッチがペナペナなんですけど。秋葉でキーボードを英語版に交換するついでに修理できないものかなあ。

2002-01-11追記:
東芝Dynabook SS 3480をまだ使っているのだが、最近の不調ぶり(気が付いたらSystemプロセスが100% CPUを使ってたり…)に我慢ならず、再インストール。こんなに速いマシンだったっけか?

さよーならー

なんかあれです。
BL目黒の担当のセールスの人が辞めちゃったみたいです。
ちょっと頼りなさそうで欠勤がちでなんだかなあと思っていたのですが…。
保険をAxa Directにしたのも彼と応対するのが面倒だったからという理由もなくはないんですが…。
にしても、辞めた理由まで書いて手紙で送ってくる必要ないでしょ。
辞めるかどうかはともかくその理由は個人的なことなんだし、
理由を書いたら顧客に迷惑がかからなくなるわけじゃなし。

まあ、理由を読んで「ああ、やっぱりね」とは思ったけどさ。

Sep 10, 2000

Gone in Sixty Seconds

Title:Gone in Sixty Seconds
Director:Dominic Sena
Year:2000
Place:Cine Grande
Eval:★

川崎で「Gone in Sixty Seconds」。「知り合いを窮地から救うために無謀な挑戦をする」というB級の薫り高い物語。B級アクションにNicolas Cageは本当によく似合う。ここのところマイブームであるところのAngelina Jolieちゃんが本来の野獣ぶりを発揮していて良い。恵比寿でやっている「Girls, Interrupted」(邦題「17歳のカルテ」)での主役Wynona Ryder(それにしても、もう30歳なのに17歳の役かよ!)を食い切った野獣ぶりも要チェック。

どうも昔東京12チャンネルで見た映画に似ていると思ったら、「Gone in Sixty Seconds」って1974年の同名の車バカ映画(監督、製作、原案、脚本、主演、スタント監修H. B. ハリッキー)のリメイクじゃん。パトカーに追い詰められたMustang Mach 1が車の山の上を豪快に飛び越すシーン、と言えば思い出す人は結構いるかもしれない(でもストーリーは思い出せないに違いない、私も思い出せない)。B級映画のリメイク…。切ないコンセプトだ。どうやっても、B級…。切なすぎる。今からでもB級具合を堪能したい人のために2000年公開版と1975年公開版の配給会社のキャッチコピーを併記しておこう。

男は60秒で車を盗み、
女は60秒でハートを盗む!

(2000年公開版)

目も眩む超高級車をわずか60秒でかっぱらうグーな男たちの詩
(1975年公開版)

これだよ!これ!流石と言えよう、70年代。

Sep 9, 2000

Sony CLIE到着

午前11時ペリカン便にてSony CLIE到着。

Playstation 2に次ぐSony製品買ってみたわけだが、あの会社のドキュメント能力の低さを改めて確認させられた。そんな取説をゲンナリしながら飛ばし読みした結果判明したかなり嫌な情報をいち早くお知らせしよう。

その1。赤外線でデータ交換する際に転送するデータの2倍の領域が受け手側に必要になる。一旦受信領域に格納してそれをverify等してから本番領域に格納するという手続きになっているのか、ともかくPalmのAPIがそうなっていて他機種でも共通なのだろう。赤外線での通信量は高が知れてるので大した問題ではないかもしれない。

その2。実は、メモリスティックから本体メモリに転送する際にもまったく同じ制約がある。本体メモリって8MBしかないから最大でも4MBのデータしかメモリスティックから転送できない。メモリスティックには32MBとか64MBのものもあるにも関わらず。

ちなみにPOBoxはClieのジョグダイヤルに対応しています。

2000-09-24追記:

Clieは結局はただのPalmに過ぎない。

いろいろ感想はある: 軽いとか。小さいとか。安っぽいとか。カラー液晶のバックライトが暗いとか。ジョグダイアルは本当に便利なんだろうかとか。メモリスティック周りの設計がださいとか。ハードウェアリセットがしにくいとか。Palm DesktopのUSB対応が中途半端でトラブル続出だとか(*)。あのマニュアルは出来の悪さはなんなんだとか。保証書がいまだに届かないのはどうなってんのとか。

Palmの主要な美点の一つはexoticismであった。Macintoshが持っているような。
ソニー製品共通の問題はこの手のアリガタミの演出にいまいち欠けるということだな。

(*) ちなみにClieのUSB対応のダメさ加減に嫌気が差してきたので、Palm DesktopをアップグレードしてWindows 2000マシンとPalm間で赤外線HotSyncができるようにしている。入れ替えたのは、hotsync.exeとcmds21.dllだけ。38.4kbpsくらいしか転送速度が出ないのが困りもの。

2001-04-26追記:

最近なんだか矢継ぎ早に追加モジュールが公開されている。やっと「辞書」のDictionary FileがMemory Stickに追い出せるようになった。しかも速い。

2001.05.21追記:

「辞書」に引続き、「POBox」の辞書がMemory Stickに置けるようになった。本体メモリがガラ空きですよ。でも、プロダクトとしての寿命は終わっているような気がする。

Sep 8, 2000

私が東芝を選ぶ理由

かなりスマートモバイル(©Toshiba)な人である私に言わせれば、X20ってそんなにいいのかって感じ。単に黒いってだけで所有欲がそがれるのに加えて、「たかが使いにくいノートPCのひとつ」に過ぎないのに、「ユニバーサルデザイン」を標榜してしまうあたりはどうにも共感できない。SunのType5キーボードがかつて「エルゴデザイン」を謳っていたのと同質の違和感とでも言っておこうか。とにかく、私が東芝を選ぶのにはわけがある。まず、絶対に黒くしないことで「形を見せること」を放棄していない点。第二に最小限のストロークで快適かつ最速の入力系を実現しようという独自の、したがってユーザを選ぶ、志向性のあるキーボード。枯れた技術だけを使うために安定性・信頼性が高い点(私はまだ東芝製品を故障させたことがないし、動かそうと思ったソフトウェアが動かなかったこともない)。IBMよりまだ薄くて軽い点。

Sep 3, 2000

プジョーのメジャー化の顕われか?

プジョーのリコールが「一般媒体」の記事になってる、ついでにNHKのニュースにも。

これも時節柄(日本は三菱、世界ではFirestone&Ford)か。

ここ2年くらいで306、406にも数回(数十件)リコールが発表されていて、通産省のページで検索できる分だけでも119件にのぼるんだけど、こんなメジャーな扱いは初めて。

だいたいリコールが出てないフランス車なんて誰も乗っていない車なんじゃないか?

The Talented Mr. Ripley

Title:The Talented Mr. Ripley
Director:Anthony Minghella
Year:1999
Place:Cine Citta
Eval:★

日曜日にThe Talented Mr. Ripleyを見たので感想。「貧しい自分と対照的な友人に対する憧れと屈折した心理」(©林くん)から一気に同性愛方面に押し切ってしまうMinghella節にはまいった。ラストで、折角手に入れたかけがえのないものも過去についた嘘のために放棄せざるを得なくなるという、まあ謂わばテーマ、に回帰した時にはほっとしたね、まったく。

「失敗した子役の典型」みたいな卑しいルックスのMatt Damonがハマっているのに対し、Gwyneth Paltrowってばすごいスピードで「ただのおばさん」化しててなんじゃこりゃって感じ。端役のCate Blanchettに表情の豊かさで思いっ切り負けてる。ただのおばさんを「清純派女優(アイドル)」的に扱い続けるのは痛々しいのでもう止めようよ。世間ではJude Lawの美貌に話題が集まりがちだけど、CronenbergのB級SF映画「eXistenZ」でJ. J. Leighと共に「いつものように、渋いが二流の配役」に名を連ねてしまったことも記憶に新しい。この事実が彼のキャリアに仇なさなければよいが。それにしても、Juliette BinocheはMinghellaのThe English Patient以降出演作があるんだろうか。昔は可愛かったよな。

Sep 1, 2000

文献リスト用DTD

文献リスト用に適当なDTDを書いてみる。難しいなあ。エディタを使った入力用には項目の順序や個数をlooseにしたDTDの方が便利。一方でプログラミングインターフェースまで考慮するとパーズが速くてツリーのトラバースも容易になるようにstrictなDTDの方が都合がいい。

要するに、loose DTD、strict DTDの両方を定義しておいて、XSLTを使ってエディタなどで入力されたloose DTDに従うXML文書からstrict DTDに従うXML文書へコンバートすればいいわけだが、面倒だ。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com