Aug 30, 2000

世紀を超えて: Half-Toroidal Traction Drive CVT

「世紀を超えて」の日産(日本精工)のHalf-Toroidal Traction Drive CVTの巻を見た。例によって、素人にも分かりやすい「ハッタリ」技術話。いつものことだが、この番組は説明不足が多いためにその技術が当該法人の独占技術(発明)であるかのように聞こえてしまう効果があってよろしくない。発進クラッチに単にトルコンを使う日産のやつより、遊星歯車機構を使った発進機構(マツダによれば、Geared Neutral方式)と組み合わせたマツダトロイダルCVTの方が個人的には面白い。商品化を興味深く待ちたい。

追記:
トロイダルCVTの発明は一世紀以上前、研究ベースの強度解析や油脂類の構造解析ですら何十年も前からやられてることである。確かに一般的な事実ではないかもしれないが。日産(日本精工、出光興産、山陽特殊製鋼)の技術者の業績は「ハーフトロイダル式CVTを『実用車』に搭載することに成功したこと」。私はこの業績を過小評価するつもりはまったくない。

そうではなくて、この業績を効果的に強調したければ、何よりもまず過去あるいは他社の試みとの技術的な差異を十分述べるべきなんじゃないかということだ。そんな効果なんて考えずに単にこの番組のスタイルとしていつもながらの技術者苦労話やってるだけなんじゃないか、というのが私の視聴後の印象。

この手の苦労話は単純に「苦労した」という事実だけが伝えられるために一般の誤解(「そんなに苦労したってことはきっとすごい発明に違いない」的な短絡)を招きがちなのではなかろうか。ホンダCVCCのドキュメンタリーでは、「技術者の世代交代」がメインテーマで、カリスマ対技術者というシンプルな構図を提示したのは面白いと思ったけれどね。あ、これはプロジェクトXの方か。

ちなみに私にしては画期的なことに受信料を支払うことにしました。一年払いの自動引き落とし。単に無駄な書状は一切受け取りたくないからです。ともあれ、かの放送局の番組について大っぴらに発言する機会を手に入れたわけです。

Aug 27, 2000

Engine (新潮社)

Engineという車雑誌(新潮社)の創刊号が本屋で平積みになっていたので立ち読み。

Naviの鈴木正文が編集長なので、人脈といい、記事の傾向といい、構成といい、レイアウトといい、まったくそっくり。Miuccia Pradaのインタビュー記事、United Arrowsの栗野氏の記事があると言えば端的にその状況を理解してもらえるだろうか。ということは、かなり高い確率で田中康夫、甘糟りり子あたりも何か書いているはず。

「今月号で亜久里がAudi S6に乗っていたのは、NaviだったかEngineだったか?」という類の混乱が生じるのは必定だ。

Aug 26, 2000

女王蜂

「女王蜂」の映像化は度々キャスティングに失敗している。市川昆の角川映画の場合は中井貴恵…。岸恵子の良さが際立ってしまった。

女王蜂のキャスティングの中でベストと言えるのは、ほぼ同時期にテレビドラマとして製作された版の、片平なぎさ

惜しいよなあ。2時間ドラマにはまり込まなければ(そんで、ロケで行った日本中の食べ歩き本「片平なぎさの全国ゴールデンワイド旅劇場」なんて書かなければ!)、岩下志麻クラスになれたのに。ま、チャンスがあれば見てみるべし。

Aug 23, 2000

8月の小帰省旅行

8/20
川崎~(東名・名神高速道路)~岐阜

8/21
岐阜~(東海北陸自動車道路)~郡上八幡~(せせらぎ街道)~高山~(国道158号)~奥飛騨温泉郷・福地温泉

8/22
福地温泉~平湯温泉~(濃飛バス)~上高地~(濃飛バス)~平湯温泉~(阿房トンネル)~乗鞍高原

8/23
乗鞍高原~(国道158号)~松本~(長野・上信越自動車道路)~軽井沢~(上信越・関越自動車道路)~練馬~川崎

Aug 17, 2000

今日の夢

相撲取りになって相撲部屋に入門し、中央道を逆走。夢の中では、相撲取りは結構いい生活しています。朝稽古の後、女の子と一緒に漫画喫茶(財布を忘れても付け人が払ってくれるのです)でだらだらしたりします。いい生活です。逆走はいけません。危ないですから。

Aug 15, 2000

Taxi 2

Title:Taxi 2
Director:Gérare Krawczyk
Year:2000
Place:Cine Citta
Eval:☆

Taxi=緊迫感のある車娯楽映画。
Taxi2=パンツの見えるアクション映画(タクシー型ボンドカーも出る)。

それくらい違った。パンツの見えるアクションが好きな人は見に行くといい(それにしても、女刑事はいつパンツを穿いたんだか…)。

だが、一応述べておく。教習所の教官は共通。倉庫に忍び込んだコソ泥は前作でも同じパターンで登場する。長官救出時にタクシーに乗り込んできた紳士は前回空港まで送った人と同じ人。上映前にLancer CediaのCFが流れるのには笑った。派手なドリフトを決めていて一見カッコ良さそうだが、306 Sedanのリアデザインを凡庸にぱくったことはTaxi2を見に来るPeugeotファンにとってはかなり明白なのではないか。いつものことではあるが、三菱の伝統に則って「技術力は高いが商品性は極めて乏しい」プロダクトである。また、最初のシーンの306WRCの運転はメチャメチャ上手い。それから、要人警護車「コブラ」は605の最終モデル、607ではない。CON NICHON AAH!

Aug 13, 2000

Leningrad Cowboys Go America

Title:Leningrad Cowboys Go America
Director:Aki Kaurismäki
Year:1989
Place:レンタルビデオ
Eval:★

投げやり。ロードムービーの最左翼。中道にWenders、最右翼にLynchのThe Straight Storyを挙げておきましょう。

Aug 11, 2000

The Perfect Storm

Title:The Perfect Storm
Director:Wolfgang Petersen
Year:2000
Place:渋谷パンテオン
Eval:★★

酷評されているが、テーマの捉え方といい、スタッフワークといい、きわめて優れた漁師映画。

パニック映画として観るのがそもそもの間違いで、これは漁業に従事する人々とその家族で構成される漁村社会が持つ問題を描いた、ごく社会的な作品であると理解するべきである。有史以来博打打ちと共通する漁師の基本的な考え方の問題は変わらない。今引き返して少ない損失を感受するか、それともリスクを冒して深追いして大きな利益を手にいれるか。

こういう映画を観るにつけ、70年代によく作られたパニック映画の陳腐さの方がはるかに問題に思われる。

Aug 5, 2000

SWoPP 2000

2000-08-01

00:10、松山に向けて出発。
00:40、海老名S.A.(東名)からおやすみコール。
04:30、養老S.A.(名神)で休憩&給油、夜が明け始める。
06:30、三木S.A.(中国)で一時間くらい仮眠、朝食。
09:00、瀬戸大橋の途中の与島P.A.(瀬戸中央)からおはようコール。パーキングエリアのインターネット端末で遊んだり、無料マッサージ器上でぐりぐり揺られながら2時間ほど仮眠したりする。

瀬戸中央道、高松自動車道、松山自動車道と経て、12:00には石槌山S.A.(松山)着。松山市内に着いたのは、13:20、900km弱の行程無事終了。徹夜明けで走り続けるのはしんど過ぎた。ホテルで泥のように眠る。

目が醒めると夜8時になっており、JR松山駅前はまるでJR大垣駅前のように真っ暗だ。もたもたしていると食いっぱぐれかねない雰囲気だったので回転寿司屋でわびしい食事をとる。

2000-08-02

SWoPP一日目。午前中、tmさんが研究の「内容」を発表しているのを久しぶりに見た。寄る年波には勝てないのか。彼が先発明主義に拘るのは特許絡みだったことが明らかになったが、あんなの発明と言うのかー、ソフトウェアでならやり尽くされてるじゃん。お昼は近所のうどん屋で冷やしたぬきうどん。午後はPROおよび早田くんのスライド直し。野田くんのスライドが完成しない。JR駅前の喜多方ラーメン屋で食事。最低。

2000-08-03

SWoPP二日目。朝のセッションで早田くんが発表。受けてたからいいんじゃない? 昼は松山市駅前の蔵という飲み屋で天ぷらうどん。午後はPROに出続けるが全般に発表は低調。夜は岩崎くんと野田くんのスライドを見る。そしてとんかつ屋。

2000-08-04

三日目。HPC、OSを梯子してみる。電通大に行った河野さんの発表が面白かった。RMIの高速化にPartial Evaluationを使うというアイディアは私のモチヴェーションに実に近い。RMIくらいドメインに特化されていれば、Partial Evaluationの実現も極めて容易かつ実用的だということを改めて確認した。発表内容自体はマッチポンプ的で良くなかったけど。岩崎くんの発表はまずまず、本質的なツッコミもなく無事終了。野田くんは作戦勝ち。ThinkPad 240にビデオケーブルがうまく接続できず、復旧に手間取る間スライドなしで話すことによって内容のなさを巧妙に隠蔽することに成功した。質疑応答はまだまだ。夜は路面電車に乗って道後温泉へ。私、中田さん、早田くん、丸山くんの4人は1,240円の個室付きの一番高い風呂に入り、残りは一人を除いて二番目に高い風呂に入る。帰りは大街道の居酒屋で食事。「塩以外で味付けされたものを手羽先とは呼ばないぜ」と。

2000-08-05

SWoPPの最終日はブッチ。

朝10時、松山から国道33号線を高知に向けて下る(そう、下るという表現が適切だ)。途中で県道12号に折れ、面河渓と石槌スカイラインを目指す。ガソリンの残量が非常に心許なかったのだが、面河渓の直前でお婆さんが一人でやっているすっごく鄙びた出光GSを見つけて無事給油することができた(このとき給油して本当に良かった、なんせこの後3時間はGSを見ていないのだ)。

面河渓の清流でしばらく遊んだ後、石槌スカイライン(スカイラインのくせに無料かよ)。北側から瓶ヶ森、伊予富士を経て寒風山に至る道が土砂崩れのために不通、復旧は未定。仕方がないので、高知県側に入って吉野川沿いに長沢ダム、大橋ダムを経るコースを取ることにする。

アスファルトは剥げ落ち、落石がばらばら転がっている山道が延々続く。異常に曲がりくねり、他車とすれ違うのも難しいほど細い。たまにすれ違う車もほとんど軽トラックで行楽客の姿も見えない。さびしい。

やっとのことで葛原川にたどり着くと道も幾分ましになっており、さらには愛媛県との県境にあたる寒風山トンネルは山道を大幅にショートカットしてくれる。さすが愛媛県。トンネルの出口ではお約束通り、愛媛県警によるネズミ取りが絶賛実施中、やっぱり捕まっている奴がいた。せいぜい貢いで愛媛の道を更に良くしてやってくれ。西条市内に入り国道11号を経て、いよ西条I.C.。すっごく疲れたー。

岐阜、21:00着。

一泊して川崎には7日02:00着。

Aug 1, 2000

ヤンキー仕様プジョー

東名川崎ICに向かう途中、たまたま目前にパトカーが走っていたのでやれやれと思ってスピードダウンし、まったりCDを聴こうとすると、リアスピーカーから、ずっだーん、ずだだだーんと大音量が!!

慌ててCDを切ってそのまま東名に上がり、海老名SAでステレオ関係をいろいろチェックしてみるとやっぱりCDチェンジャーを鳴らしたときだけリアスピーカーが最大音量で鳴る。しかもボリュームコントロールは一切効かない。

ダッシュボードの交換をしてもらった際にリアスピーカーの接続をへんてこにしてくれたらしい。2年の保証期間を思いっきり過ぎてるけど今回も無償修理を強く主張するのだ。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com