Sep 9, 2000

Sony CLIE到着

午前11時ペリカン便にてSony CLIE到着。

Playstation 2に次ぐSony製品買ってみたわけだが、あの会社のドキュメント能力の低さを改めて確認させられた。そんな取説をゲンナリしながら飛ばし読みした結果判明したかなり嫌な情報をいち早くお知らせしよう。

その1。赤外線でデータ交換する際に転送するデータの2倍の領域が受け手側に必要になる。一旦受信領域に格納してそれをverify等してから本番領域に格納するという手続きになっているのか、ともかくPalmのAPIがそうなっていて他機種でも共通なのだろう。赤外線での通信量は高が知れてるので大した問題ではないかもしれない。

その2。実は、メモリスティックから本体メモリに転送する際にもまったく同じ制約がある。本体メモリって8MBしかないから最大でも4MBのデータしかメモリスティックから転送できない。メモリスティックには32MBとか64MBのものもあるにも関わらず。

ちなみにPOBoxはClieのジョグダイヤルに対応しています。

2000-09-24追記:

Clieは結局はただのPalmに過ぎない。

いろいろ感想はある: 軽いとか。小さいとか。安っぽいとか。カラー液晶のバックライトが暗いとか。ジョグダイアルは本当に便利なんだろうかとか。メモリスティック周りの設計がださいとか。ハードウェアリセットがしにくいとか。Palm DesktopのUSB対応が中途半端でトラブル続出だとか(*)。あのマニュアルは出来の悪さはなんなんだとか。保証書がいまだに届かないのはどうなってんのとか。

Palmの主要な美点の一つはexoticismであった。Macintoshが持っているような。
ソニー製品共通の問題はこの手のアリガタミの演出にいまいち欠けるということだな。

(*) ちなみにClieのUSB対応のダメさ加減に嫌気が差してきたので、Palm DesktopをアップグレードしてWindows 2000マシンとPalm間で赤外線HotSyncができるようにしている。入れ替えたのは、hotsync.exeとcmds21.dllだけ。38.4kbpsくらいしか転送速度が出ないのが困りもの。

2001-04-26追記:

最近なんだか矢継ぎ早に追加モジュールが公開されている。やっと「辞書」のDictionary FileがMemory Stickに追い出せるようになった。しかも速い。

2001.05.21追記:

「辞書」に引続き、「POBox」の辞書がMemory Stickに置けるようになった。本体メモリがガラ空きですよ。でも、プロダクトとしての寿命は終わっているような気がする。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com