May 27, 2000

OPA

オーパとはまたホンダっぽいネーミング。いまだに馬鹿でかいOdysseyとか作っててしかも北米で売れてないホンダよりは、ミディアムクラスの小型化・軽量化を進める意図自体は評価できる。幅1,695mmジャスト、ホイールベースは2,700mmもあるのに全長4,250mm。合理性の見本。

しかし、直噴2リッター+CVTの組合せでリーンバーン領域で加速するというアイディアは各社が試みては失敗しているように、「運転者レベルでは」うまく機能しないのではないだろうか。運転者は緩慢な加速に辛抱できずに踏み込んで結局キックダウンさせてしまうだろう。もちろん、軽量ボディはそれを抑制するのに大いに貢献するには違いない。もちろんこんな定性的な議論だけでは埓があかないわけだけど。

ともあれOPA直噴2リッターにはCVTしか用意されない。トヨタの出来の良い、しかもcontrolableなATが欲しい場合には1.8リッターを選択せざるを得ず、しかも10・15モード燃費は2リッターCVTの方がかなりいい。さて、どうする? ひょっとして、1.8リッターは「マーケティングの結果を踏まえた」「スポーティな設定」ってヤツなのだろうか。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com