Jun 6, 1999

和製インフォマーシャル

FF8コレクションと言えば、風見しんごのほとんど唯一のレギュラー番組 真夜中人魚にも登場した。この番組の構成は、まず風見の威勢の良い商品紹介、コメンタリー陣(2流タレント)による(付加価値になることを期待された、しかし雑談ともつかない)コメント、商品番号・値段・電話番号のおさらい、の繰り返しという予算をかけないインフォマーシャルの定石に従ったもの。コメントの前に一瞬コメンタリー陣に「しょーもなー」という空気が流れるか否かで、商品の善し悪しを視聴者にも効果的に認識させるといった気配りも行き届いた番組で、たまに見る限りにおいては笑える。FF8コレクションのときはというと言わずもがな、か。「映画化されるそうだから、もしかしてヒットし、かつひょっとしてシリーズ化されるようなことになれば、プレミアがつく」(要約)という強引な論理展開をしてくれたあなた! 私はあなたの名前を知らないが、その無責任さは見習いたい。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com