Apr 7, 1999

エンジンオイルおよびオイルエレメントの交換

無事1万キロを走り切ったので、エンジンオイルおよびオイルエレメントの交換を近所のセルフ給油のガソリンスタンドで実施。最初は上抜きを試していたのだがどうも無理で、結局下抜き。したがって、いつもよりかなり多めに抜けてしまい(その方が助かるが)、オイルが5l必要になった。オイルはTotalのZZ-X Part Synthetic 10W-40(Part Synthetic Formulaじゃないあたりが節約)。あんまりフィーリングは変わらないけど、燃費に貢献してくれればよしとしよう。

エンジンオイルの交換をしてもらっていると、給油器の前に一台の1ボックスカーが止まった。なんのことはない日常的な光景である。やがて運転手が給油を済ませ、車をゆるゆると発進させた。が、ここからがいつもとは違った。ゆるゆると発進した車はそのまま2,3m進んだところで動かなくなった。軽油を間違って入れたらしい。だー、確かにそういうプリミティブなミスを防げないシステムだけど、そういうミスをする人がいるなんて考えてもみなかった。安かったから入れちゃったのか、「プレミアム軽油」という名前からひょっとしてハイオクと勘違いしちゃったのか、定かではない。ま、確かに普通のガソリンスタンドだと「満タンで。」と発話するだけで済んじゃったり、事によったら「ハイオク、満タンでよろしいですか?」と親切にも聞いてくれたりするもんだから「ハイ」だけで済んじゃったりして、運転手もアタマ使わないし、何を入れているのか分かっていないのも無理からぬところかもしれない。動かなくなった車は従業員総出で邪魔にならないところまで押していた。

ちなみにプジョーだと「ハイオク、スローモードで、オートで止まるところまで」と発話しないと、ガソリンをぶちまけられて泣く危険性があるらしい。大変アタマを使いますね、はい。セルフ給油だと楽々この方法で給油できます。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com