Jan 13, 1999

Titanic

TITANICビデオの前編を見た。悲恋メロドラマの王道だね。プッチーニのトスカを思い出してしまった。トスカがローズで、カヴァラドッシがジャック、スカルビアがホックニー。ジャックは死んじゃうのは誰もが了解している事実として、トスカの如く、いきなりあのばあ様も投身自殺したりしたら笑うんだけどな。残りの感想は最後まで見てから。

そうそうプッチーニと言えば、カラスという人は多いんだろうけれども私はちょっと生理的にダメ。フレーニのトスカがお気に入りなんだけど、そうするとカヴァラドッシがパバロッティになってしまう。ただし、その場合のスカルビアはミルンズになるので良いサディスティック味出しててお勧めだ。カヴァラドッシはデル・モナコがいいんだけど、そうした場合のトスカのテバルディはかなりいい線行っているとしても、スカルビアがちょっと押しが足りない気もする。かっこだけで選べばドミンゴかな。いずれにしろこのオペラは3人のバランスが難しいです。ちょっとカタカナを多めにしてみました。

やはり、あのばあ様は殺しても死なないような奴だった! 私はケイト・ウィンスレッドの肉布団のせいで助かったという説を取る! それはともかくTITANICは間違いなく20世紀を代表する名画の一つだろう。風と共に去りぬも名画であるという意味で。この映画は船の沈没事故を説明するものだが、我々は最初から沈没することが分かっている。従って事故をなるべくリアルに説明し、かつ観客を退屈させないことが必要で、そのためには事故と恋物語が並行させるというドラマ上の基本的手法が実に有効に働く。(続く)

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com