Sep 19, 1998

名探偵ロビン 事件はおまかせ

保護観察中の少年少女を預かるブレット・ロビンの店Robin's Nestは表向きは和やかなパブだが、裏の顔はなんと探偵事務所なのだ。

初期のビバリーヒルズ高校白書の趣。今回、結構ファンだったマリアちゃんが保護観察期間が終わったとかでいなくなってしまった(ブレンダちゃんと同様干されたのだろうか。タイプが似てるし)。ところで、エディー君はアニーちゃんとくっついていたと思っていたのだが、(ブランドン君と同様)毎回別の女の子といちゃついている。

Sep 10, 1998

Soul Coughing

福地くんがSoul Coughingのページを用意していた。素晴らしい。

全く意味のない歌詞、ヘタクソでやる気のなさが最強に強まったラップ風ボーカル、ドライブ感を出すためだけにあるウッドベース、執拗なまでに自然音を使ったリズムトラックなどを特色とする、ジャジー・ブルージー・ヒップホップ・ロックバンド。初めて聴いた時はスノッブさ加減に大喝采したね。そのうちスノッブさ加減が鼻につきだすんだけど。Ruby Vroomに入っているCasiotone Nationなんて無意味の極地だし。一度来日したはずだが、その後どうなった?

Sep 8, 1998

サイコサスペンスとサイコスリラーの分類について。

まず、両者ともSerial Murderものであること。両者を分けるのは、ドラマの終わりで問題が解決しているか否かであり、前者がサスペンスで、後者がスリラー。

例えば、Sevenはサスペンスであるが、The Silence of the LambsやCopycatはスリラーである。これを逆転させて用いてはならない。林くんから借りたCureはスリラー。スイッチものですな。

ミステリーという言葉もある。これはクリスティ作品を示すための言葉なので、殺人事件が起これば何でもよい、というか曖昧。

サスペンス・スリラーという言葉もあるらしい。誤用ではないかと思われるが広告代理店が言葉の意味を知らないこともよくあることだ。

About Me

My Photo

つくばで働く研究者

Total Pageviews

Amazon

Copyright 2012 Ogawa::Buzz | Powered by Blogger
Design by Web2feel | Blogger Template by NewBloggerThemes.com